PandoraPartyProject

幕間

みんなの話:ちょっとした幕間

関連キャラクター:武器商人

ミョールの独り言~ほっぺたぷくー~
 だいたいね、ベネラーってば抜けてるのよ。もっと自分が特別な存在になったってこと自覚しなさいよね。

 純種にはね、普通、体温ってものがあるの。だけど、あんたの手、粘土みたいにひんやりしてるじゃないの。「水仕事をしたからだよ」なんて言って笑うけれど、あたしは知ってる。前はもっと、あったかかった。覚えてる? ねえ、いっしょに買い物当番に行ったときのこと。連日の大雨で舗装されてない道はどろどろのぐちゃぐちゃ。そこらじゅう水たまりだらけ。あたしがそれを飛び越して行こうとしていたら「あぶないよ」って手をつないでくれたね。あのときのぬくもり、忘れてないんだから。
 あの魔種がきてからなにもかも変わってしまった。いちばん変わったのはあんたね、ベネラー。イレギュラーズのみんなと友達になる前みたいに引っ込み思案になっちゃってさ。ひとりででくのぼうみたいにぐるぐる同じこと考え込んじゃってさ。もっと頼ってよね。あたしは、年下であんたからすると妹みたいなもんかもしれないけど、あたしはそうは思ってないから。あんたにしかできないことがあるように、あたしにしかできないこともきっとあるはず。昔のあんたなんか知らない。なーんにも知らない。だけどそれでいいじゃない。過去なんかどうでもいいわ、だいじなのは未来よ。あたしたちはまだまだ、生きていかなくちゃいけないんだから。それを邪魔するやつは、魔種だろうとぶっとばしてやるわ。
 
 あたしは、あたしは、あんたが何者だろうとかまわないから。遠くに行かないでね、ベネラー。
ミョールとリリコ~水着と鏡~
 鼻歌を歌いながらリリコが姿見の前でくるりくるりと回っている。頬は喜びで染まり、回る度に膨らむパレオが気分を浮き立たせる。
「リリコー、入るわよー?」
 ミョールがふすまを叩いた。いらえを返すと、彼女は入ってくるなり大きな声を出した。
「すてきじゃないリリコ! モデルみたいよ!」
「……銀の月のおかげよ。私は別に」
「似合ってるって言ってるんだから素直に受け取りなさいよね」
「……そういうミョールも、似合ってる」
 ミョールは桜紋様で染まった着物と袴を着込んでいる。子供用の丈の短い着物だが大胆な染めが華やかで愛らしい。
「ま、まあ? アイツが選んだものではずれはないし?」
「アイツ呼ばわりはしないで、私の銀の月を」
 腕を組んであさってを向いたミョールをリリコは軽くにらんだ。
「そうそう、忘れるところだった、あんたの銀の月から贈り物」
 ミョールは袱紗に入った丸い手鏡を二枚取り出した。
「ひとつはあたしの、ひとつはリリコの」
「……これは?」
「えへへー、帰り道におねだりして買ってもらっちゃったの。あんまりきれいだったから、リリコの分も。みんなにはないしょよ?」
「……ミョールったら」
 呆れ顔でそれを受け取ったリリコは、小さく微笑んだ。
「護りの魔法がかかってる」
「へ、そうなの?」
「うん……」
 リリコは手鏡を抱きしめた。ぬくもりが伝わってくるかのようだった。
「……いつも見守ってくれてありがとう、私の銀の月」
「リリコは武器商人にぞっこんね」
「……そうね、小鳥やラスといっしょにいるところを見ると、もっと胸が暖かくなるの。これからも、仲良くしていきたいわ」
「へえー、あたしは、あたしだけ見ていて欲しいって思っちゃうケド」
「……思い描いた幸せがそのままの姿で存在するのなら、大切にしなくてはと思うけれど」
「そう? リリコはもうちょっと自分自身が幸せになることを考えたほうがよくない?」
「……そういうのは、いいわ」
 リリコは小さく首を振った。生き残ってしまったあの時から、リリコは自分の価値を見いだせない。それでもいい。愛しい存在が居て、愛することを思い出せたのだ。それが叶わないとしても、充分な対価を、リリコはもらっている。手鏡の中に写る自分の瞳は、満足そうだった。
「……海に行きたいわね」
「あら珍しい。リリコが何かねだるなんて」
「……だってこんなにすてきな水着を贈ってもらったのだもの」
 微笑みがさんざめいた。
ラスヴェートの独り言~おべんきょうとおべんとう~
 このあいだのきゅうしょくがない日のことでした。お父さんがおべんとうを作ってくれました。
 あけてみてびっくりしました。僕のすきなアプフェルのすがたがおべんとうばこをキャンバスみたいにしてかいてあったのです。となりのミエルちゃんたちが「すごいね」ってほめてくれて僕もむねがいっぱいになりました。
 だからくずしてしまうのはすごくもったいなかったけど、おなかがすいていたからたべてみました。さいしょはそうっと、ひとくちだけ。そしたらとってもとってもおいしかったのです。おもわずぱくぱくいっしょうけんめいたべてしまって、あっというまになくなってしまいました。あんなすてきなおべんとうをつくるのはとってもたいへんだとおもうけれど、たまにはおべんとうのひがあってもいいなっておもいました。
 僕のおうちはちょっとかわっていて、パパさんとお父さんと三人ぐらしです。パパさんとお父さんはとってもなかよしで、僕も家族にしてもらえてとってもうれしいです。僕はあんまりいいところの出ではないけれど、こうしてあさひるばんとごはんをたべさせてもらって、とってもとってもやさしくしてもらって、おべんきょうまでさせてもらって、いつかふたりにおんがえししたいなっておもっています。
 パパさんはおんがくかで、お父さんはサヨナキドリのいちばんえらい人です。そんなふたりにどうやっておんがえしをしたらいいのか、すごくすごくなやんでいます。でもいつかぜったいに、とってもえらいひとになって、パパさんとお父さんによろこんでもらうんだってきめています。えらいひとになるためにはおべんきょうをがんばらないといけないので、おべんきょうをもっともっとがんばろうとおもいます。

「だってさ。フフ、授業参観であれを読み上げられた我(アタシ)の気分にもなってごらんよ」
「俺もいけばよかったな……。その時の紫月を見たかった…。」
「勘弁しておくれよ。それにしても『えらいひと』だって。何になるつもりだろうねぇ」
「まだ…決まってないんだろうな。だけど…どんな夢だろうと…精一杯応援しようよ……。」
「うん、そうだね。最初は我(アタシ)たちが子どもを持つなんて夢にも思わなかったけれど、今となってはいないほうが想像つかない」
「……だな。ふふふ……ラス…よく寝てる……。いい夢をたっぷり見るんだよ…。」

PAGETOPPAGEBOTTOM