PandoraPartyProject

イラスト詳細

ヨルムンガンドのたぢまよしかづによる2人ピンナップ(縦)クリスマス2017

作者 たぢまよしかづ
人物 ヨルムンガンド
ルクスリア・アスモデウス
イラスト種別 2人ピンナップ(縦)クリスマス2017
納品日 2018年02月13日

9 

イラストSS

「あーん」
 ルクスリアがヨルムンガンドの口元に手作りのブッシュドノエルの切れ端をもっていく。今日は二人揃ってシャイネン・ナハトの制服。ふわふわの……所謂、とある世界の幸せを運ぶ存在、サンタクロースの衣装だ。赤と黒。違う色の同じ服。それがよく似合っている二人。まるで本当の姉妹のように。
「ん」
 ヨルムンガンドはそれを嬉しそうに頬張る。大好きなお姉さまとのシャイネン・ナハトの甘い一日。
「おいしい」
「そうか?」
 クールに装ってはいるが、かわいい妹分に褒められて悪い気はしない。妹分とよく似たしっぽの先が嬉しそうにふるふると揺れている。ヨルムンガンドはそれを見て、お姉さまは喜んでいるのかなとすこしだけ自分もうれしくなる。
 実際にこのブッシュドノエルは甘くて上品な味でとてもおいしい。だからもう一度ヨルムンガンドは「おいしいよ」と繰り返す。
「たべてみるといい」
 ヨルムンガンドもフォークで切り分けたブッシュドノエルをルクスリアの口元にもっていく。
「ふふ、嬉しいよ」
 ぱくりと形のいい唇が、もぐもぐと咀嚼する。優しくて理想のお姉さまのなんともかわいいその様子をヨルムンガンドはまた見たくなり、フォークで切り分けたケーキをまた口元にもっていく。
「食べきれないよ。それにヨルが食べるぶんがなくなってしまうよ」
 言われてすこしヨルムンガンドは考え込む。それは確かに困ってしまう。でもお姉さまのこんな可愛い姿もみたい。
「だから一緒にたべようね」
 笑顔で促すルクスリアにヨルムンガンドは何度も頷いた。

PAGETOPPAGEBOTTOM