PandoraPartyProject

イラスト詳細

シングルピンナップクリスマス2017

作者 圓マルオ
人物 桜小路・公麿
イラスト種別 シングルピンナップクリスマス2017(縦)(サイズアップ)
納品日 2018年02月13日

16 

イラストSS

 聖なる夜に現れた一人の男。
 それはきっと、何よりもクリスマスツリーを体現しているものだった。
 ――クリスマスに輝くモノを知っているかい?
 桜小路・公麿はそう、静かに口を開いた。
 ぴかぴか輝く電飾を身体中に巻き付けて、じゃらじゃら様々な飾りを両手からぶらさげて。
「クリスマスツリーこそ輝くもの。しかしッ! しかしかしッ! このクリスマスに最も輝くのは僕ッ! 桜小路・公麿と決まっているのさッッ!!」
 星々の輝きを受けて、きらりと輝く被り物の星。
 雪降る中で、道行く人々にアイドル☆スマイル。それはきっと素敵な贈り物。
 寒空の中、最も輝く為にクリスマスツリーになる事を決めた彼は、間違いなくその街の一番星だ。
 通りがかった犬が粗相をしたって構わない。だって僕はこの街一番の輝き星なのだから。
 積もり往く雪景色の中、公麿は笑顔を湛えて時を過ごす。いつまでも、いつまでも、皆の輝きがそこにあるのだと言うように。
 ――クリスマスに輝くモノを知っているかい?
「それは僕ッ! 桜小路・公麿ッ! 聖夜の主役さッ!! HAHAHAHA!!」
 奇蹟の夜に生まれた奇跡のツリーの笑いが、何処までも高く響いていた。

PAGETOPPAGEBOTTOM