PandoraPartyProject

イラスト詳細

輝く夜、終わりかけた頃

作者 練色ツクネ
人物 越智内 定
綾敷・なじみ
イラスト種別 2人ピンナップクリスマス2020(横)(サイズアップ)
納品日 2020年12月24日

11 

イラストSS

 ――クリスマス会を終えて、定はなじみにプレゼントを用意していたのだと緊張に頬を赤く染めながら目を逸らし小さく呟いた。
「ふふ、ありがとう。プレゼントが貰えるなんてなじみさんも役得だぜ」
「……なじみさんさ、僕の真似するの凄い楽しそうだよね」
「其れを聞いて恥ずかしそうな顔したりする定くんを見るのが面白いのだよ、なじみさんったら」
 くすくすと猫のように目を細めて笑う彼女に定は勝てないなあと小さく呟いた。プレゼント交換以外でプレゼントを渡す男の一大決心、曇らぬうちに差し出そうと鞄の中から準備した刹那、
「はい。定くん。なじみさんからの定くん用のとっておきだぜ? 皆には秘密だからね!」
 ――え、と定はなじみを見遣った。赤いリボンの巻かれたプレゼント。まさか、なじみからプレゼントを『交換以外』で用意されるなんて思って居なかった。緊張して、嫌がられたらどうしよう何て考えた過去の自分を馬鹿野郎と殴りたくなるくらいの衝撃で定は「あ、ありがとう」と呟く。
「定くんもなじみさんに何かくれるんだよね? 知らないうちにプレゼント交換が成立だ!
 何を貰えるんだろう? 定くんがくれる物だったら私は何だって嬉しいけれどね! さあ、勇気を出して!」
「……なじみさん」
 全く、勝てないなあと定は小さく呟いて。そっと、プレゼントを手渡した。


 *SS担当者:夏あかねGM

PAGETOPPAGEBOTTOM