PandoraPartyProject

イラスト詳細

PajamasPartyProject case:3『リア・クォーツの場合』

作者 ちろりるら
人物 リア・クォーツ
ドラマ・ゲツク
善と悪を敷く 天鍵の 女王
ガブリエル・ロウ・バルツァーレク
イラスト種別 4人ピンナップクリスマス2019(横)(サイズアップ)
登録されているアルバム
納品日 2019年12月24日

12 

イラストSS

●乙女戦線! ~リアの陣~
 さて。リア・クォーツ(p3p004937)、善と悪を敷く 天鍵の 女王(p3p000665)、ドラマ・ゲツク(p3p000172)の三つ華パーティはどこまでも。咲き誇る色恋の談議は甘美なる蜜の如くで――となれば。
「それで、どうなの?」
「えっ、あ、いや、ど、どどどど……どうっ、て?」
「とぼけてもダメですよ……リアさんと言えば、伯爵様。あの方とはどうなってるのですか?」
 やがてはリアにも順番が巡って来るものだ。レジーナとドラマの言は詰め寄る様に。
 伯爵――と言えばかの『遊楽伯爵』以外に他あろうか。いやいる筈がない。ね、リアさん!!
 腹を割って恋バナなどと言ったのだ。
 貴方の番。大人しく話せ――とばかりに意気揚々と詰め寄れば。
「あ、あ、あたしは、ほら……元々、別に、その……特別な関係になりたいとかそういうんじゃなくて……ただあの方の力になりたいだけで……ほ、ほら、ガブリエル様とは身分全然違うし……だから、恋とかそういうの……あたしは、たぶんきっと……」
 段々と語尾が小さくなっていくリア・クォーツ。レジーナ達の話を聞いていた頃の勢いはどこへやら。
 赤らむ頬が彼女の心を示している。思えば想う程に気持ちは強くなって弾けそうだから。
 だから――『そんな事はあり得ない』と呟くしかないのだ。生まれた立場が違うのだと。
 夢は夢と見ておかなければ、きっと、私は。
 心臓の鼓動に押しつぶされる。
 いつだって優しい笑顔を浮かべている、あの方の音色が聞こえなくなる程に――

「――なーにを今更」

 しかし。
「身分なんて些細なものでしょう我(わたし)たちには! イレギューズは可能性を求めてこそ! いつだって未来はやるかやらないかなのだわー!」
 レジーナは言う。自らの気持ちを前面に出す事に竦むリアへ、叱咤するように。
 天を指差し願いを掴むのだわ、と。背中をさすって彼女を励ます。歩まねば何も掴めない!
「そう! だから早くリアさんは伯爵様を誑かすべきです! 大丈夫ですリアさんなら行けます行けます!」
「た、たたたたた誑かす!!?!?!?!?」
 さすればドラマの言が更に後押しを。
 足を踏み出さず、己が心に嘘をついて何になるのか。
 勇気づける様に笑顔と共に声をかける。されば更に顔を赤らめるリアに、笑みを抱くレジーナとドラマ――ああ。
 誰もが誰かに熱を抱いている。消える事のない情熱を。この世でただ一人に抱く愛しき灯を。
 部屋の灯りはまだ消えぬ。
 彼女達の夜の語らいは――きっとまだまだ続くのだ。
 想いの強さの限り。
 今宵という日が明けようとも。

※担当『茶ントマン』

PAGETOPPAGEBOTTOM