PandoraPartyProject

イラスト詳細

オーガスト・ステラ・シャーリーのhoujohによる2人ピンナップクリスマス2019(縦)

作者 houjoh
人物 オーガスト・ステラ・シャーリー
クライム
イラスト種別 2人ピンナップクリスマス2019(縦) (サイズアップ)

10 

イラストSS

 古びた墓標の下に誰が眠っているのか、語られることもなく。
 傍らにひっそりと佇む屋敷に気付く者は少ない。
 ただ一面の白に覆われた、その夜――シャイネンナハトはこの辺境にだって等しくやってくる。

 今宵、魔女の屋敷に居るのは二人。
 窓の外に降りしきる雪と冷気は、室内までは届かない。
 暖炉が時折ぱちりとはぜながら、暖かな空気を冷えた窓まで運んでくる。
 揺らめく炎の灯りが二人の影を窓ガラスに踊らせていた。

 かすかにたゆたうのは紫煙と茶葉、それから薪の燃える香り。
 ページをめくり字面を追う。読んでいるか否かと言えば、読んではいた。
 ふと。オーガストは書にぼんやりと落としていた視線を上げる。
 カップに指をかけ。金環を戴く秋摘みの香りに、まずは人心地。
 背に感じるのは、すいと息を吐く音。
 それから――頭の後ろに感じるほんの少しの体温。安らぎに抱かれるような幸福感。

 永遠に続くかと思える柔らかな静寂は、心地よく。

「そこ、寒くないですか?」
「いや、問題ない」
「そうではなくて」

 さりっと紙巻きの火を消して、クライムが僅かに肩を寄せる。

 静かな夜はゆっくりと更けゆくまま――


※担当『pipi』

PAGETOPPAGEBOTTOM