PandoraPartyProject

イラスト詳細

食べさせるか食われるか Dead or Christmas

作者 くずもちルー
人物 ベルナルド=ヴァレンティーノ
イラスト種別 関係者1人+PCピンナップ(横)クリスマス2018 (サイズアップ)

13 

イラストSS

 今日は幸せな一日だったと、ベルナルド=ヴァレンティーノは思う。
 恋人と過ごすシャイネンナハト。別れる時間はどうにも切なくて。でもその切なさも愛情に変わるそんな夜。このまま幸せな気持ちのまま眠りにつくはず、だった。
 なぜか消灯して出たはずなのに自宅のリビングルームに灯りが灯っている。嫌な予感がする。
「嗚呼、この時期は来る日も来る日もミサばかり! 退屈は私は人も殺せるわ。ねぇ、ベルナルド?」
 鈴のような声が聞こえる。誰かはすぐにわかる。拘束具がこすれる音がした。
「何が言いてぇんだ聖女サマ」
 我が物顔でお気に入りのソファに鎮座するは聖女アネモネ。最悪最低の時間が始まる。
「このままじゃ私、唐突にフライドチキンが食べたくなりそう」
 唐突な言葉に頭が痛くなる。最低だ。
「食ってこればいいだろ? 回りくどい言い方してんじゃ……ぐっ」
 愚痴の言葉は最後までは紡げない。四肢と首に金色の鎖がまとわりつく。彼女の胸先三寸でこの鎖は命を奪う凶器になりかねない。
「もてなしなさい、『小鳥』」
 そうかい、フライドチキンは俺ってことか、とそこで気づく。
 ベルナルドは渋々とキッチンにむかい夜食の準備をする。
「まずければ、許さないから」
 そういって首の鎖がきゅうとしまった。
 ああ、ほんとうに最低の日だ!

 ※担当GM『鉄瓶ぬめぬめ』

PAGETOPPAGEBOTTOM