PandoraPartyProject

ギルドスレッド

Blue rose

執事なふたりと控室

◇簡単な説明
主が用意してくれた執事用の控室。
オレが許可した人以外は入っちゃダメだからね!
RP・雑談メインでメタもたまーに。

◇発言できる人
オレとせんぱい♡

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
は~~~~。あの人、本当に人使い荒いんだから。
ねっ、先輩もそう思うでしょ?
(不機嫌なのも一瞬、先輩の方へ振り向くと笑顔になっていた)
…はぁ、貴方はいつもいつも…。
雇い主に対してそんな風に言ってはいけませんよ。

いつも言ってるはずです。
執事としてどうあるべきか。

…服装も乱れてますよ。
(着崩した服を直しながら小言を言い)
だって、事実じゃん?
オレらのこと下手に見て、いっつもいっつもー。

執事になれたのはまぐれで~す。
それより、先輩。
(近づいた瞬間、目に獣が宿る。そのままぐいっと先輩の手を引こうとして)

頑張ったご褒美欲しいな♪
執事なんですから当然でしょう。
我々の上の方々なんですから。

…まぐれだなんて言葉を使うのは止めなさい。ちゃんと出来るはずなのにやらないから君は何時までも怒られてしまうんですよ?

…ご褒美…?(難しい顔をして顔を背けながら)

…これくらい出来て当然なんですから。
ご褒美なんて本来はあげるような事ではないんですよ?(と言いながら引かれた手に小さな飴玉を握らせ)


だからって、オレだけならともかく、先輩の事まであんな扱いするなんてヤダ。
(ぷんとあからさまに不機嫌になって見せて)

怒られてもいいも~ん。
オレには先輩だけで十分だし。

(じーっと先輩の顔を見つめて、飴を貰えば嬉しそうに)
なんやかんやで優し~い。
これがツンデレっていうやつ? どの路線目指してるの?
執事なんですから、当たり前でしょう。
こんな事でいちいち腹を立てていたらこの先ずっと怒ってなければいけませんよ。
(少しだけ困った顔で言い)

私が良くありません。
私が…ずっと一緒に居る訳にはいかないんですよ?
(少しだけ寂しさを滲ませた声で)

…路線…?(素で分からないという顔をしながら)

…君はたまに良く分からない事を言いますね。

何処も何も、完璧な執事を目指してるんですから。

…君も頑張りなさい。
(先程よりは幾分か優しげな声で言い)
……どうせ、オレはまだまだ子供ですよー。
(ぷい、と視線を逸らして。好きな人が馬鹿にされて、誰が喜ぶだろうか)

えー。なんでさー。
オレと先輩は相思相愛! だから、一緒にいてもおかしくないじゃん? ねっ?
(一言でも好きと言われたことはないが、脳内では両想いになっているという都合のいい解釈)

む、難しいかな? 先輩は真面目だからな~。

……オレは貴方が望むなら、いくらでも頑張れるよ?
(こてんと純粋な瞳で先輩を射貫くように)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM