PandoraPartyProject

スキル・コレクション

御簾開き涼風
「カーッって踏み込んでズバーッっと仕るで候。拙者の好みは、踏み込む力で伸び上がる逆袈裟でござるが、どのような型であれ、肝心要は『一刀両断』の心意気でござる」

特殊化前:一刀両断
深く相手の間合いへと踏み込み相手を一刀で切り伏せます。
獅子一吼
「後手の剣でござる。天地を前にして、まずは見る。そして診る。観終わったならば、そこを『紫電一閃』、薙ぎ払う。ならば拙者はその一刀を、なによりも素早く振るうことを旨としており申す」

特殊化前:紫電一閃
極度の集中から放たれる居合一閃は迸る紫電と共に射程を薙ぎ払います。
M.A.D. Bomber
「"Maiden Assault Dynamite"……自律自走式の爆弾を衣服の内側よりバラ撒き、対象群を爆殺する範囲制圧技ですネ。こういうのがお好きな旦那様も多いので、準備はいつでも抜かり無く」

特殊化前:SADボマー
自律自走式の爆弾が対象に襲いかかります。
ゆらぎ水月
「抜刀の瞬間、鯉口からのぞく刀身に魔術光を反射させ、目眩ましをしかけたと同時に斬るという、奇襲技です。技の骨子が『剣魔双撃』ゆえに、『シナリオ時、初見の相手に奇襲効果を持ちます』とのこと」

特殊化前:剣魔双撃
魔術と格闘を織り交ぜた独自の技です。シナリオ時、初見の相手に奇襲効果を持ちます。
沙淫レ
「読みは『さみだれ』。こちらの世界で見た『五月雨』の術理を、拙者流に再構成した技にござる。追い詰める方向をゆるやかな下向きの斜めとして、拙者を生き体(上)、対手を死に体(下)となす、被せの連撃に候」

特殊化前:五月雨
無形の術。切れ目の無い刺突と斬撃の繰り返しで敵を追い詰めます。
乙女算段
「後の先から先を撃ち、縫い付ける刃にて対手の御命お止め仕る、邪法三断の剣技……ですね。観音打流は他流の技もよく組み込んでいますが、正直に言いますと、かの『外三光』、もはや手の加えようがありません」

特殊化前:外三光
後の先から先を撃ち、縫い付ける刃は邪三光(はずしさんこう)。著名な剣士の編み出したとされる邪剣の一。
樒六本花(ヘキサモーニング)
「しきみろっぽんばな。かつて私が暮六晩鐘で学んだ毒殺飛剣と同じ名称同じ技法の技ですが、毒花とか専用の匕首とかは結局こちらで用意できませんでしたので、例によって例のごとく観音打流の技にしちゃいました♪」

特殊化前:飛刃六短
ある邪剣士の技。距離ある相手を斬殺する逃がさじの殺人剣。
偽・三劫剣(シングル・アズ・トライミリオン)
「観音打の口伝に曰く、時というなまくらの剣こそが、その果てに斬れぬ者を斬る、断てぬ物を断つ。故に奥義、観音打三劫流の極意なり――とございます。お恥ずかしながら、先日ようやく、その真似事に至りました」

特殊化前:黒顎魔王
繰り出した直死の一撃は魔性。膨張した黒の大顎を形作り、目前の対象を貪り喰う事でしょう。
蹈落紅(フラワリィ・フロウ)
「とうらくこう。椿の庭を歩く時、ふとその落花を蹈みつけることもありますよネ。歌人はそういう時に、風流、季節の移り変わりや、花の儚さを知るのです。――あなたもそのようにして、儚く死にましょうや。いざ」

特殊化前:猪鹿蝶
元はとある流派の殺人剣……らしいが原型は定かではない。『猪』『鹿』『蝶』と三撃を展開する邪剣。
観音打三劫流新理『人為三劫剣』(アーティフィシャル・ニルヴァーナ)
「じんいさんごうけん。目指す場所も歩む道も同じでしたが、結局私は、観音打三劫流の奥義には至らぬのでしょう。ゆえ、この一閃は、かの剣聖への私なりのアンサーです。曰く『それでも私は過たず前に進む』と――」

特殊化前:三光梅舟
邪道の極み。確殺自負の殺人剣。但し完全再現不可能の未完成。
空谷幽境告天子
「魔剣の類に候。こちらが斬る所と対手の斬られる所、これがまるで別なのでござる。さて刀振る最中、そこかしこに吹く剣風に、雲雀と似た声を聞く事あるとか。およそ死出の音ゆえ、努めて聞かぬがよろしうござるヨ」
観音打(マーシー・ヒッター)
「みねうち。俗に言う『峰打ち』では無いんですよネ。刃立て、透らせ、断ち、しかして生かす、技巧絶妙の一閃です。ゆえに、神仏一切への祈りはありません。不信心者のこの身は、菩薩のつるぎにはきっと至りません」

特殊化前:観音打(マーシー・ヒッター)
「みねうち。峰打ちではござらんよ。刃立て、透らせ、断ち、しかして生かす、加減絶妙の技に候。そこに神仏一切への祈りはのうござる。拙者不信心者ゆえ、菩薩のつるぎには、きっと届き申さぬ」
空々跋渉摩利支天法
「くうくうばっしょまりしてんほう。畏れ多くも神の名を戴く、観音打三劫流の歩法です。対手との間にある塵芥を手刀で斬り祓うことで、瞬く間に澄んだ世界を行く……という、ほぼほぼ自己暗示みたいな技ですネ」
名称 説明 ユーザーコメント
御簾開き涼風 「カーッって踏み込んでズバーッっと仕るで候。拙者の好みは、踏み込む力で伸び上がる逆袈裟でござるが、どのような型であれ、肝心要は『一刀両断』の心意気でござる」
【効果】物至単:AP60:物攻+120、CT+2
獅子一吼 「後手の剣でござる。天地を前にして、まずは見る。そして診る。観終わったならば、そこを『紫電一閃』、薙ぎ払う。ならば拙者はその一刀を、なによりも素早く振るうことを旨としており申す」
【効果】物至列:AP100:命中+15、物攻+150、CT+2、溜1、【痺れ】【必殺】
M.A.D. Bomber 「"Maiden Assault Dynamite"……自律自走式の爆弾を衣服の内側よりバラ撒き、対象群を爆殺する範囲制圧技ですネ。こういうのがお好きな旦那様も多いので、準備はいつでも抜かり無く」
【効果】物遠範:AP120:命中+6、物攻+100、【必殺】
ゆらぎ水月 「抜刀の瞬間、鯉口からのぞく刀身に魔術光を反射させ、目眩ましをしかけたと同時に斬るという、奇襲技です。技の骨子が『剣魔双撃』ゆえに、『シナリオ時、初見の相手に奇襲効果を持ちます』とのこと」
【効果】物至単:AP115:物攻+(100+神攻)、【ブレイク】【変動】
沙淫レ 「読みは『さみだれ』。こちらの世界で見た『五月雨』の術理を、拙者流に再構成した技にござる。追い詰める方向をゆるやかな下向きの斜めとして、拙者を生き体(上)、対手を死に体(下)となす、被せの連撃に候」
【効果】物至単:AP140:命中+6、【弱点】【連】【致命】【装制:レンジ0】
乙女算段 「後の先から先を撃ち、縫い付ける刃にて対手の御命お止め仕る、邪法三断の剣技……ですね。観音打流は他流の技もよく組み込んでいますが、正直に言いますと、かの『外三光』、もはや手の加えようがありません」
【効果】物至単:AP80:命中+9、物攻+240、FB+3、【災厄】【麻痺】【自カ至】【反動100】
樒六本花 「しきみろっぽんばな。かつて私が暮六晩鐘で学んだ毒殺飛剣と同じ名称同じ技法の技ですが、毒花とか専用の匕首とかは結局こちらで用意できませんでしたので、例によって例のごとく観音打流の技にしちゃいました♪」
【効果】物遠単:AP200:物攻+250、FB+10、【出血】【流血】【致命】【必中】【邪道30】【鬼道20】【万能】
偽・三劫剣 「観音打の口伝に曰く、時というなまくらの剣こそが、その果てに斬れぬ者を斬る、断てぬ物を断つ。故に奥義、観音打三劫流の極意なり――とございます。お恥ずかしながら、先日ようやく、その真似事に至りました」
【効果】物中単:AP60:物攻+(物攻+神攻)、【必殺】【邪道10】【反動100】【変動】
蹈落紅 「とうらくこう。椿の庭を歩く時、ふとその落花を蹈みつけることもありますよネ。歌人はそういう時に、風流、季節の移り変わりや、花の儚さを知るのです。――あなたもそのようにして、儚く死にましょうや。いざ」
【効果】物至単:AP240:命中+30、物攻+(物攻)、FB+3、【邪道35】【必殺】【連】【変動】
観音打三劫流新理『人為三劫剣』 「じんいさんごうけん。目指す場所も歩む道も同じでしたが、結局私は、観音打三劫流の奥義には至らぬのでしょう。ゆえ、この一閃は、かの剣聖への私なりのアンサーです。曰く『それでも私は過たず前に進む』と――」
【効果】物至単:AP300:命中+30、物攻+(物攻+CT×10)、CT+5、FB+9、【反動200】【変幻20】【邪道75】【致命】【必殺】【連】【変動】
空谷幽境告天子 「魔剣の類に候。こちらが斬る所と対手の斬られる所、これがまるで別なのでござる。さて刀振る最中、そこかしこに吹く剣風に、雲雀と似た声を聞く事あるとか。およそ死出の音ゆえ、努めて聞かぬがよろしうござるヨ」
【効果】物至ラ:AP250:物攻-100、命中+12、CT+5、FB+1、【防無】【反動100】【連】【追撃30】【恍惚】
観音打 「みねうち。俗に言う『峰打ち』では無いんですよネ。刃立て、透らせ、断ち、しかして生かす、技巧絶妙の一閃です。ゆえに、神仏一切への祈りはありません。不信心者のこの身は、菩薩のつるぎにはきっと至りません」
【効果】物至単:AP50:物攻+20、命中+7、CT+1、FB-1、【不殺】
空々跋渉摩利支天法 「くうくうばっしょまりしてんほう。畏れ多くも神の名を戴く、観音打三劫流の歩法です。対手との間にある塵芥を手刀で斬り祓うことで、瞬く間に澄んだ世界を行く……という、ほぼほぼ自己暗示みたいな技ですネ」
【効果】物超貫:AP270:物攻-100、命中+20、CT+6、FB-1、【恍惚】【体勢不利】【万能】【鬼道20】【移】

PAGETOPPAGEBOTTOM