PandoraPartyProject

シャナ

IDp3x008750 デスカウント 3
種族 天狗 Lv 64
クラス エスプリ
初ログイン日 2021/05/08 性別 不明
身長 普通 外見年齢 16
髪色 体型 細身
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【イケメン】 【短髪】 【美形】 【足がきれい】 【和装】
特徴(内面) 【強がり】 【真面目】 【純情可憐】 【自己犠牲】 【女子力(物理)】
一人称 二人称 其方、名前
口調 なのだ、なのだろう?
アクセスファンタズム名 我思う故に我あり
アクセスファンタズム詳細 シャナが悲しいなら悲しく
シャナが嬉しいなら嬉しい
そこに誰の心も関係ない
…私は”シャナ”なのだから

簡単に言えば『どんな状況でも、中の人の心情を無視して”私が考えた格好良いシャナ君”を演じれる能力』である

私は、シャナという。…む、中身は誰だ、とは?

STP 4740
成長 バランス型
経験値 9380/20890
HP 8535 AP 3330
物理攻撃力 154 神秘攻撃力 1164 EXF 25
防御技術 52 特殊抵抗 48 EXA 60
命中 55 回避 11 クリティカル 7
反応 40 機動力 4 ファンブル 9
その他パッシブ効果:【ダメージ150】【ロスト75】
スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
アクティブスキル1
シャナの第一のアクティブスキルです。
神超域01164105214神超域:AP0:命中+50、CT-5、FB+5、【万能】【防無】【追撃40】【不殺
アクティブスキル2
シャナの第二のアクティブスキルです。
神超単01165105214神超単:AP0:神攻+1、命中+50、CT-5、FB+5、【万能】【防無】【追撃40】【不殺
アクティブスキル3
シャナの第三のアクティブスキルです。
付自単365-5579自付与:AP365:命中+30、EXA+15、【自付】【
-----
パッシブスキル1
シャナの第一のパッシブスキルです。
------EXA+10、【ダメージ30】【ロスト15
パッシブスキル2
シャナの第二のパッシブスキルです。
------EXA+10、【ダメージ30】【ロスト15
パッシブスキル3
シャナの第三のパッシブスキルです。
------EXA+10、【ロスト15】【ダメージ30
パッシブスキル4
シャナの第四のパッシブスキルです。
------EXA+10、【ダメージ30】【ロスト15
パッシブスキル5
シャナの第五のパッシブスキルです。
------EXA+10、【ダメージ30】【ロスト15
小夜啼鳥の声
死神すら跳ね除けるという小夜啼鳥と同等の声を持つとみなされます。 誰もが聞きたくなる美しい声とより伝える為の演技する事で シャナの想いを相手により伝えやすくなります。 逆に嘘を付くと看破されやすくなります。
------
------
------
装備 コレクション
アイコン 名前
黒銀の別れ
黒銀のフルート。葬送の調べを帯びている。 
タワーシールド
全身を覆うほどの巨大な盾です。 

R.O.Oの攻略本
このゲームでは小数点以下が表示されておらず、気が遠くなるほど低い確率だが、ビルドを完璧に整え何度も何度も挑戦すればドロップが狙える。……って、大丈夫? この本!? 
勝盛
申し訳ございません。勝盛が出てしまいました。 



プレイスタイル・スタンス
たまにログインする、少年に見える刀使い。
属性は風。
それに見合ったような戦い方を目指してるのに
最終的には、力づくになっている事が多い。
『やはり、暴力……!!暴力は全て解決する……!!』(by中の人)

現在は装備品の関係上、歌がメインの攻撃方法。
流石に歌声で男声は出せないので、その時は素の声になる。

死亡する事が怖い
「例えゲームの中だろうと、遮那君を死なせられるか!」
という中の人の声が聞こえる。
ならなぜモデルその子にしたんだよ……と言われそうだが
『身近で自分が思う美形』且つ『R.O.Oに居ますようにと言う願掛け』をしたかったから。
尚、その結果は……


一応、RP勢。
無駄に才能がある演技力を用いる。
機械は苦手なのでボイチェンではなく、声真似。
少年声は出来るので性別は不明でも、本人の『男性』宣言に納得する人も多い。
が、時折、少年のふりをした少女に見えるのは否めない。
誰も居ない所で発声練習している姿を見かける人も居るらしい…?
「『私は、シャナという。宜しく頼むぞ』……えっと、遮那君ってこういう声だった、よね……?」
尚、口調の完璧コピーは難しかった模様。

双子の弟は語る
――『向日葵姉さん、やりやがった』と
感情

感情一覧へ

通信欄 アドリブ大歓迎です。()の心情は中の人……隠岐奈 朝顔の本音です

PAGETOPPAGEBOTTOM