PandoraPartyProject

カイト

あちらとこちらを『隔てる』もの。世界に線引する術者。 ……まぁ、真似事だけどな!
開く紅蓮は氷獄の証。
吉兆の境界線。背にした者にこそ祝福を。
IDp3x007128 デスカウント 1
種族 ウォーカー Lv 54
クラス 結界師 / 氷獄術者 エスプリ 破軍
初ログイン日 2021/04/23 性別 男性
身長 普通 外見年齢 Unknown
髪色 体型 精悼
肌色 普通 目の色 オッドアイ
特徴(外見) 【三白眼】 【短髪】 【引き締まった体】 【SF系】 【和装】
特徴(内面) 【お人よし】 【根は真面目】 【混沌】 【多重人格】 【甘党】
一人称 二人称 アンタ、呼び捨て
口調 だ、かよ、じゃねえの
アクセスファンタズム名 紅蒼の双律
アクセスファンタズム詳細 一定時間分身する事が出来る。
両方実体は存在し、出せるのは1人まで。
五感や思考を共有するが、
戦闘力は無く、死んだら両方消える。

実は『表出していない人格も実体を持って行動出来る』だけ。
たまに口論にもなる。

『俺で良ければ喜んで力になるよ』『勝手に話進めんなァ!!』

STP 0
経験値 5477/14940
HP 13430 AP 5825
物理攻撃力 1581 神秘攻撃力 131 EXF 15
防御技術 66 特殊抵抗 66 EXA 11
命中 111 回避 66 クリティカル 0
反応 93 機動力 4 ファンブル 8
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
七星結界・破軍の呪剣
楔状の結界を複数撃ち込み、相手の動きを阻害します。ついでに結界の冷気で凍るかもしれない。
物中単01481161-5-2物中単:AP0:物攻-100、命中+50、CT-5、FB-10、【スプラッシュ2】【多重影2】【氷結】【呪縛】【反動75
七星結界・極天の加護
自身を軸とした『陣地』を構築し、結界の精度を高める結界術。地味に唯一のバフ技
付自単320-11108自付与:AP320:命中+4、【封殺20】、【自付】【
七星結界・貪狼の咆哮
結界術……というよりは結界を砲身として放つ冷凍ビーム。やられたらやり返すが合言葉のズドン砲。
物中単01481161-513物中単:AP0:物攻-100、命中+50、CT-5、FB+5、【背水】【復讐111】【必殺
-----
パッシブスキル1
カイトの第一のパッシブスキルです。
------命中+20、【封殺10】【ロスト15
パッシブスキル2
カイトの第二のパッシブスキルです。
------命中+20、【封殺10】【ロスト15
パッシブスキル3
カイトの第三のパッシブスキルです。
------反応+25、【封殺10】【ロスト15
パッシブスキル4
カイトの第四のパッシブスキルです。
------反応+25、【封殺10】【ロスト15
パッシブスキル5
カイトの第五のパッシブスキルです。
------反応+23、【封殺10】【ロスト15
結界術・護
指定範囲内に結界で安全地帯を作成します。効果は基本的に【保護結界】と同じ。
------
結界術・壁
縦横最大3m程の見えない壁を1枚設置します。それなりの硬さで、激突すると非常に痛いですが、攻撃を受け止める為の物ではないので一般人でも全力で殴るだけで壊れます。壊れたら氷が砕けたような音がします。
------
結界術・隠
物品を収納出来る結界を持ちます。入れたものの中身は見えません。出し入れられるのは小物などで、極端にでか過ぎるものは流石に入りません。
------
装備 コレクション
アイコン 名前
大縄飛び熟練
一糸乱れぬ連携は修練の賜であり、いかなる大迷宮をも突破せしめるでしょう。 
破軍の氷槍
別名:アイスバー。ブチ切れたカイトが相手の至近距離で撃ち込む結界術と言えば聞こえは良いが、実際にはただのぶっとい氷柱。 
ギアドレス
スチームパンクな歯車型アクセサリーの付属した、ゴシックドレスの一式です。モノクル付。 
マスコット・マザー
ディフォルメされたマザーの人形。自動であなたを追尾します。当たり判定はないので、連れ歩いてあげましょう! 
餃子
美味しいけど素手で握りたくはない。 
モノクルスコープ
片眼鏡形状の情報端末。声や脳波で、レンズに映像や情報を映すことが可能。 
フロンティアスタイル
最速で最先端に挑み続けるタフかつスピーディーなプレイスタイル。幾度のデスペナにもめげることなどあり得ない。通称『攻略組』。 
知らんネタのコラボアイテム
パっと見は重要そうなアイテムなんだけど、イベ終わった後だし、グラ微妙だし、イベ終わったらどこにも使えないし。元ネタようしらんし……。どうしたもんかな、これ。 
プレイスタイル・スタンス
片目が青、片目が赤の結界師の青年。眼帯をしている。
二重人格RPと『思われている』が、実際はガチ。
素早い術式構築と多重包囲によるサポートを重点とする、所謂『デバッファー』である。
結界師を自称するが、プレイスタイルの善良さに反してやることはえげつない。

どちらの人格もカイトを名乗るが悪役をする気がないので『いい兄貴分』程度である。
だが、現実への可能性を考慮し、青目のカイトが勝手に主導権を握ってる為、
いつもの『彼』と話したければ赤目の方、と指定すると良いだろう。
なお、記憶は『何故か』共有しているらしい。

種族や名前がそのままだった理由は
『面倒くさかったから』らしい。

蒼眼は比較的穏やかだが自己犠牲のケが強く、『いいひと』になりがち。
赤眼は冷静に、シビアに物事を見るが、キレると手が早く、
なかみを知る者ならば見慣れた立ち振舞であるだろう。
感情

  • 油断ならない

感情一覧へ

通信欄 蒼眼→自己犠牲的で抱え込むケ有//赤眼→冷静であるがキレると手が早い

PAGETOPPAGEBOTTOM