PandoraPartyProject

絡繰・カタン
からくり・かたん

パンドラ
100
時に狂気を帯びる人形の繰り手
意志無き誰かの人形か、それとも麗しき破滅の魔性か。
凄まじい技術の持ち主です。
ID p3p008839
種族 カオスシード Lv 16
クラス パペットマスター / 『ドール』 エスプリ 超技巧
誕生日 8/13 性別 男性
身長 普通 年齢 28
髪色 灰色 体型 痩身
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【目の下にクマ】 【妖しい】 【無造作ヘア】 【吟遊詩人風】 【仮面】
特徴(内面) 【ぼうっとしている】 【浮世離れ】 【演技派】 【読書家】 【マイぺース】
一人称 二人称 ~君
口調 だね、だよ、かい?
寛容 強欲
弱点 非力/虚弱
経歴
長年様々な技術を磨き続けている
ギフト名 人形繰り
ギフト詳細 カタンの操る人形は、生きているかのように舞い踊る。
演じられる人形劇はオーディエンスの視線を捉えて離さない。
※用事がある人や、戦闘中、カタンに対して悪感情を抱いている相手には通用しません。
イラスト
セキュリティ
カオスシード (マニュアルのカオスシードを参照)

口下手、コミュ障な人形使い

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+1
1
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
+3
3
練達 0
+1
1
傭兵 0
0
0
深緑 0
+9
9
境界 0
0
0
豊穣 0
+4
4
プロフィール
●人形奏者としての生き方。
吟遊詩人風の服装を好み、日々人形を造り、操り生きている。
数多の物語を読み耽り、それを人形劇をとして演じることで日々の糧を得ている。
劇の題材となるのなら、それはフィクションでもリアルでも構わない。
五感で感じる全てが劇の題材となる。

●彼の本質
人見知りで口下手な青年。
人形繰りを生業とする家系に生まれ、家族の死後も人形繰りとして生きてきた。
ある夜、彼はふと気づく。
「コミュニケーションって、どうやってやるんだったっけ?」
そうして彼は、他者と接する術を思いだすべく旅に出た。

■現在
前途は多難。コミュ障はなかなか治らない。
サーカス団を結成したいらしい。
フィジカル 9
メンタル 17
テクニック 33
キャパシティ 12
STP 1
SP 0
経験値 287/1450
HP 2155 AP 1163
物理攻撃力 86 神秘攻撃力 203 EXF 16
防御技術 29 特殊抵抗 42 EXA 11
命中 43 回避 40 クリティカル 4
反応 45 機動力 4 ファンブル 10
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
毒撃
対象を毒で蝕みます。
神中単4025347410神中単:AP40:命中+4、神攻+50、【
マリオネットダンス
無数の見えない糸を放ち、対象を切り裂き、更には自由を奪います。
神中単10022358410神中単:AP100:命中+15、神攻+20、【呪縛
ソーンバインド
対象を指先から伸びる魔性の茨で襲います。
神中単7020346410神中単:AP70:命中+3、【足止】【流血
スイッチマニューバ
自身の戦い方そのものを状況に応じて大幅に変化させます。
付自単150-43410自付与:AP150:命中+3、回避+3、物攻+30、神攻+30、【自付】【
技巧
技量に優れます。
------命中+3、前提【器用】
回避
回避力に優れます。
------回避+3、前提【敏捷】
自己再生
軽微な傷ならばたちまち回復してしまいます。
------再生30前提【C12】【LV8】
簡易充填
行動力を常に回復する事が出来ます。
------充填15前提【C12】【LV8】
上限解放IV
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
------CP+25、併用不可【上限解放I】【上限解放II】【上限解放III】、前提【上限解放I】【上限解放II】【上限解放III】
演技
キャラクターや感情を演じる能力です。
------
ステージ技術
パフォーマンスを魅力的に見せる立ち振舞いです。
------
ペルソナ
【リーディング】に偽の情報を読ませる事が出来ます。
------

スキル・コレクション

CP: 34 / 37

装備 コレクション
アイコン 名前
戦闘用人形・コッペリア
絡繰カタンが自作した戦闘用人形。 サイズは人間と同程度。カタンの手により黒いドレスを着せられている。 魔力伝導率の良い素材で作られている。

新緑のローブ
白地の布に若芽色の装飾があしらわれたローブ。新たな旅の始まりを予感させる爽やかな風と木々の香りを感じる。身に纏うと足取りが軽やかになるという。
劇用人形・イル=カピターノ
絡繰カタンが自作した劇用人形。サイズは人間と同程度。軍服を纏い、造り物の剣を携えている。
劇用人形・パンタローネ
絡繰カタンが自作した劇用人形。サイズは人間よりひと回りほど大きい。鷲鼻の老人の姿をしており、手足は異様に細くて長い。
狐面
千稲の故郷では皆つけているらしい。コンコン。
忘却の花
あの花の事を誰も覚えていない。確かに咲いていた筈なのに。確かにそこにあったのに。
ゴリアテ
錬金術で作られた労働用四足竜型ゴーレム。 大きな荷台を備えており運搬や移動手段として使える。
ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄 戦闘は基本的に人形を操って行います。

PAGETOPPAGEBOTTOM