PandoraPartyProject

念々劫火 暁之夜
ねんねんごうか あかつきのよる

パンドラ
100



肌の色(鬼人種)

『疑』:黒系統
獄相

『鬼紋』:体の一部、あるいは全身に入れ墨のような文様を持ちます。
ID p3p008709
種族 ゼノポルタ Lv 12
クラス エスプリ
誕生日 11/13 性別 女性
身長 巨躯 年齢 Unknown
髪色 特殊 体型 普通
肌色 『疑』 目の色 特殊
特徴(外見) 【長髪】 【つり目】 【和装】 【八重歯】 【脱ぐとすごい】
特徴(内面) 【悪気はない】 【強がり】 【おしゃべり】 【やれば出来る】 【アホの子】
一人称 私・暁 二人称 ~殿
口調 〜ね、〜よ、〜なのだわ!
正義 暴食
弱点 不適合
経歴
主義主張は特にない。平々凡々と生きてきた
ギフト名
ギフト詳細
イラスト
セキュリティ
ゼノポルタ (マニュアルのゼノポルタを参照)
獄相 『鬼紋』
sp_0=『鬼紋』

坊やは良い子だねんねしな。早く寝ないと喰われちまうよ

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
0
0
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
+3
3
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
+2
2
豊穣 0
+9
9
覇竜 0
0
0
「暁は、甲虫みたいな真っ黒な肌に、ゆらゆら赤と橙の髪。この体は誰かの揺りかご。眠りを妨げる者は許さない」

数年前、母を亡くして天涯孤独に。以来、極貧生活を送ってきた。召喚されたことを切欠に薄汚れたボロを捨て、母の形見に袖を通した。ちょっと胸が窮屈だけれど、懐かしい匂いがした。

ところでこの鬼の子、貧民生活が長かったせいで衣食住に関しては常識を逸脱しているところがあるようだ。例えば食事といったら山菜や芋虫、蝶々の類。着物というより布切れを巻いていたし、家が無いので洞穴の中で眠っていた。超ワイルドである。
フィジカル 21
メンタル 3
テクニック 21
キャパシティ 14
STP 31
SP 56
成長 バランス型
経験値 11361/870
HP 1979 AP 758
物理攻撃力 134 +0 神秘攻撃力 52 +0 EXF 18
防御技術 29 特殊抵抗 33 EXA 13
命中 14 回避 15 クリティカル 3
反応 22 機動力 4 ファンブル 10
その他パッシブ効果:
スキル名基本消費威力命中CTFBその他

-----

-----

-----

-----
鬼衣
鬼衣
どれ程の慈悲を見せようとも鬼なのです。
------命中+3、抵抗+6

------

------

------

------
鬼眼判官
鬼眼判官
何か特別な阻害をされない限り、行為結果による生命体の生死を確実に見分けます。
------

------

------

スキル・コレクション

CP: 0 / 14

装備 コレクション
アイコン 名前








ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄 ねんねんころり。可愛い子供は夢の中、憎い魔物は腹の中。

PAGETOPPAGEBOTTOM