PandoraPartyProject

グェルド
Guelldo

パンドラ
100
彼の前には雲霞の敵。彼の後には敵は無く。
驚異的生命体。絶対に只では済まさない。
不沈、不落、即ち無敵。
ID p3p008014
種族 ウォーカー Lv 15
クラス ザ・フォートレス / スタースクリーム エスプリ 全展開不落式
誕生日 1/26 性別 男性
身長 巨躯 年齢 Unknown
髪色 体型 隆々
肌色 やや色黒 目の色
特徴(外見) 【強面】 【巨漢】 【スキンヘッド】 【戦士風】 【傷だらけ】
特徴(内面) 【硬派】 【筋肉好き】 【豪放磊落】 【頑固】 【ツンデレ】
一人称 二人称 ~殿、貴様
口調 だな、だろ、だろう?
正義 暴食
弱点 不適合/鈍重
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 元・神の眷属
ギフト詳細 仲間に「かみさま」か「ヴァルキリー」か「死神」がいる場合、昔を思い出しちょっとテンションが上がる。同時に、粗相をして主神に目をつけられないか不安になり緊張する。差し引きすると概ね±0。
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
身長3mである以外はガチムチ人間種の男性とほぼ同じ

我はグェルド!神々の盾なり!

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+1
1
鉄帝 0
+5
5
天義 0
0
0
海洋 0
+21
21
練達 0
0
0
傭兵 0
+5
5
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
豊穣 0
+4
4
プロフィール公認設定一覧
元の世界では、神の眷属たる戦士だった。
<神々の住まう地>の守護を命じられ、実際にその命に従い数千年の長きに渡りストイックにその地を守護してきた。

しかし別に侵入者が現れることもなく神々も顔見せしに来ることもなく、これ我ずっとこのままなのかなーとか思い始めてきたところを召喚された。
なので口では「人間如きが…」などと言うが、人間相手でも実際に仕事ができるのは内心ちょっと嬉しかったりする。
フィジカル 20
メンタル 2
テクニック 5
キャパシティ 38
STP 6
SP 4
経験値 833/1290
HP 5725 AP 1155
物理攻撃力 145 神秘攻撃力 63 EXF 24
防御技術 69 特殊抵抗 57 EXA 11
命中 4 回避 17 クリティカル 0
反応 13 機動力 4 ファンブル 10
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
ブロッキングバッシュ
相手の力と己の膂力で強烈なカウンターを放ちます。
物至単5635211310物至単:AP35:命中+7、物攻+(防技×3)、CT+3、【痺れ】【変動
イモータリティ
不滅の如く自身の傷を強烈に修復します。
物自単198--010物自単:AP140:HP回復(HP/10)、BS回復(AP/50)、【治癒】【変動
キャッスルオーダー
城のように敵を迎撃する不動の構えで一つの隙も作りません。
付自単200-4010自付与:AP200:最大HP+200、防御技術+16、特殊抵抗+8、【自付】【
-----
防戦
防戦上手です。
------防技+6、前提【防御】
シールド
その戦い振りは大盾のようです。
------防技+8、抵抗+2、前提【防戦】
自己再生
軽微な傷ならばたちまち回復してしまいます。
------再生30前提【C12】【LV8】
決死の盾
自己犠牲の鏡。
------シナリオ時、二つの対象を同時に【かばう】対象に選択する事が出来ます。前提【LV10】
ハイ・ウォール
聳え立つ巨壁。
------シナリオ時、有効範囲内の二対象を【ブロック】か【マーク】出来ます。前提【LV10】
ブロッキング
自身を直接対象とする非戦能力全般を無効化します。ギフトは無効化されません。
------
スペクター
魔術的、科学的なものによらず記録媒体に自身の姿や声が記録されません。
------
------

スキル・コレクション

CP: 38 / 38

装備 コレクション
アイコン 名前
ダンシングエッジ
所有者の周囲を浮遊する刃にして守護者。 
ミラーシールド
鏡面のように周囲を映す、美しい白の盾です。 
魔装甲冑
呪言と魔力の付与された強力な全身鎧です。 
墳墓の楔
あなたは のろわれた。 
ブルーノートディスペアー
絶望の青へ挑む者達へ手向ける、コン=モスカの秘伝書。 
ラビットイヤーのフレンチトースト
ヴィルヘルミナ・フォン・ヴァイセンブルグ。彼女の作るフレンチトーストはまさに絶品なのである! 
武勇冒険譚
エイル・ヴァークライトの冒険は常に波乱と茶目っ気に満ちていた…… 
涛声のフリューゲル
広大なる海原に響くは絶望の声。されど、進む者はわだつみをも越える希望の翼を手に入れるだろう。 
ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM