PandoraPartyProject

『恩に報いる為に』
ノエミ・ルネ・ルサージュ
Noemie・Rene・Lesage

パンドラ
100
背中には矜持、立ち向かうは悪
粘り強く耐え忍ぶに特化した闘士です
優秀な守護能力を誇ります。
ID p3p007196
種族 カオスシード Lv 16
クラス クロスイージス / ファランクス エスプリ 守護騎士
誕生日 4/28 性別 女性
身長 普通 年齢 18
髪色 体型 普通
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【美形】 【ストレート】 【ふともも】 【騎士風】 【絶対領域】
特徴(内面) 【律儀】 【お人よし】 【正義】 【元気】 【強がり】
一人称 二人称 あなた
口調 です、ます、ですか?
正義 強欲
弱点 鈍感
経歴
他者に命を救われた事がある
ギフト名 ルーイ
ギフト詳細 召喚された時から共にいる、小さな竜のような生物。
人語は話さずキュウキュウと鳴き、戦闘はできないが嗅覚が鋭く飛行可能。
軽い物を運んだり、じゃれて遊んだりもできる。
ノエミの髪を甘噛みするのが好き。
イラスト
セキュリティ
カオスシード (マニュアルのカオスシードを参照)

皆さんに助けられた大恩に報いられること、嬉しく思います

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+16
16
鉄帝 0
+2
2
天義 0
+16
16
海洋 0
+3
3
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
+5
5
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
プロフィール
【経歴】
元・天義の見習い騎士。
『真なる夜魔』との決戦の際に首都から浚われ、ローレットの者たちに救出され生還。
その後ローレットに憧れを抱きながら騎士見習いとしての生活に戻っていたが、ある日突然特異運命座標として覚醒して召喚された。

【性格】
義理と人情を正義とし、裏切りを赦されざる悪と考える天義人。
基本的に善良ですぐに他人を信じるが、その分騙されやすい。
一方で見栄っ張りな一面があり、自身の失態をつい隠そうとしてしてしまったり、見るからに年下な相手にはお姉さんぶろうとしてしまうことも。
フィジカル 28
メンタル 10
テクニック 16
キャパシティ 17
STP 6
SP 8
経験値 305/1450
HP 3905 AP 1114
物理攻撃力 207 神秘攻撃力 115 EXF 19
防御技術 75 特殊抵抗 39 EXA 14
命中 25 回避 22 クリティカル 2
反応 23 機動力 4 ファンブル 7
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
ブロッキングバッシュ
相手の力と己の膂力で強烈なカウンターを放ちます。
物至単734323247物至単:AP50:命中+7、物攻+(防技×3)、CT+2、【痺れ】【変動
レジストクラッシュ
自身の意志抵抗力を破壊力に変換し、敵を強かに叩きます。
物至単763633127物至単:AP60:命中+6、物攻+(抵抗×4)、【足止】【崩れ】【変動
ディフェンドオーダー
防御重視に切り替え、高い意識で万全の態勢を築きます。
付自単100-2527自付与:AP100:防御技術+10、特殊抵抗+4、EXF+3、【自付】【
-----
防御
防御技術に優れます。
------防技+4
防戦
防戦上手です。
------防技+6、前提【防御】
シールド
その戦い振りは大盾のようです。
------防技+8、抵抗+2、前提【防戦】
上限解放III
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
------CP+15、併用不可【上限解放I】【上限解放II】【上限解放IV】、前提【上限解放I】【上限解放II】
要塞
要塞の如き堅牢さで身を守ります。
------HP+200、回避+2、防技+4、前提【シールド】【P20】【LV12】
冒険
冒険のいろはや心得を良く理解しています。
------
警備
特定の場所を警備し、異常に警戒する技術です。
------
保護結界
半径50メートルの空間に保護結界を展開します。保護結界内では物品や建物、周辺環境へのダメージが発生しません。ただし無意識下の破壊ではなく意図的に対象の破壊を試みた場合は効力を発揮しません。
------

スキル・コレクション

CP: 31 / 32

装備 コレクション
アイコン 名前
防御端末
自動で所有者にバリアを生じさせる防御端末です。
三日月砂丘
砂漠の風景を思わせる魔力を帯びた美しい曲刀で、独特の軌跡から回避が困難です。
ブレストプレート
胸部を集中的に保護する鎧です。
ドレイク木刀
恐るべき海賊ですが観光資源なのでしょうがない。
『竜の胃袋亭』のお弁当
ボリューム満点、しかも美味しい。人気のお弁当です。
ゼシュテルパン
カッチカチで日持ちが良い食料です。
瞬間接着剤
戦士な貴方は、傷を塞ぐ用途にも。
忘却の花
あの花の事を誰も覚えていない。確かに咲いていた筈なのに。確かにそこにあったのに。
ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • 仲間

  • 仲間

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM