PandoraPartyProject

『冷めた珈琲はいかが...?』
ルーフェル=フリーデン
るーふぇる=ふりーでん

パンドラ
100
前線で戦う事を是とした戦士です
攻撃優先の構えを取ります。
ID p3p006187
種族 カオスシード Lv 5
クラス ファイター エスプリ アタックスタンス
誕生日 11/21 性別 女性
身長 普通 年齢 Unknown
髪色 特殊 体型 普通
肌色 色白 目の色 オッドアイ
特徴(外見) 【愛嬌がある】 【イケメン】 【円らな瞳】 【目隠れ】 【男装】
特徴(内面) 【ポジティブ】 【ロマンチスト】 【社交的】 【真面目】 【演技派】
一人称 二人称 ~君、~さん
口調 だ、だよ、だよね?
寛容 嫉妬
弱点 不器用/鈍感
経歴
代々続く名門の家系に生まれた
ギフト名 熱い珈琲(Amore freddo)
ギフト詳細 彼女の入れた珈琲を飲むと、一定時間自身の本心を話すことは勿論、表現出来なくなる。
効果があるかないかは個人差がある。飲んだ者の受け入れてこなかった愛に比例する場合が多い。

珈琲本体は滅茶苦茶苦い。
イラスト
セキュリティ
カオスシード (マニュアルのカオスシードを参照)

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+5
5
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
+5
5
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
プロフィール
設定も説明も何もかも滅茶苦茶だって...?そういうのを気にしちゃダメさ、それよりももっと考えるべきことがあるよ。

ーーー

由緒正しい家系に生まれる
父と母からいっぱいの愛を注がれて育った
人を恨むことも、人を憎むことも知らない幸せいっぱいの人生を歩んでいた

とある男性に出会って、他人を愛することを知って、自分の胸の痛みに気づいた

恥ずかしいから格好も口調もちょっぴり男っぽくしてた
誰にも気づかれないように感情を抑え込む

どんな素敵な感情でも表さないと意味が無い...いや、もし気持ちを伝えたとしても、きっとこの想いは叶わないかっただろう....。

珈琲を飲むのは僕が女々しいから
あの人はとびきり苦い珈琲が好きだった
フィジカル 13
メンタル 12
テクニック 11
キャパシティ 9
STP 0
SP 8
経験値 202/240
HP 1250 AP 502
物理攻撃力 242 神秘攻撃力 188 EXF 17
防御技術 27 特殊抵抗 27 EXA 13
命中 20 回避 -4 クリティカル 1
反応 14 機動力 4 ファンブル 15
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
深呼吸
呼吸を整える事で体力を若干回復します
物自単 - - 20 1 15 物自単:AP0:HP回復40、【治癒】
一刀両断
深く相手の間合いへと踏み込み相手を一刀で切り伏せます。
物至単 60 362 20 3 15 物至単:AP60:物攻+120、CT+2
奇襲攻撃
不意をついて大ダメージを狙います。
物至単 40 282 20 6 15 物至単:AP40:物攻+40、CT+5
- - - - - -
上限解放I
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用できません。
- - - - - - CP+6、併用不可【上限解放II】【上限解放III】【上限解放IV】
毒耐性
BS【毒】【猛毒】【致死毒】の効果を受けない。
- - - - - - 毒無効
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 9 / 15

装備 コレクション
アイコン 名前
ネメシス・シンドローム
疫病神
ギルド
魔王城(笑)
Happy Sweets
愚か者共の宴
-
-
感情

  • 頼りになる

  • 先輩

感情一覧へ

通信欄 男装イケメン女子

PAGETOP