PandoraPartyProject

『元。』
美城・誠二
みしろ・せいじ

パンドラ
100
助けを求める声があれば、何処からともなく駆けつける。跳躍からの飛び蹴りで敵を倒すのがお約束。人は彼らをヒーローと呼ぶ!
呼ばれて見参!
ID p3p006136
種族 ウォーカー Lv 13
クラス ヒーロー エスプリ 見参!
誕生日 7/26 性別 男性
身長 大柄 年齢 24
髪色 体型 隆々
肌色 普通 目の色
特徴(外見) 【鋭利な目】 【オッドアイ】 【筋肉質】 【ステゴロ】 【脱ぐとすごい】
特徴(内面) 【大人】 【超強気】 【ストイック】 【硬派】 【真面目】
一人称 二人称 アンタ、呼び捨て
口調 だ、言い切り
正義 暴食
弱点 不適合/不運
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 矜持
ギフト詳細 立ち続ける。
例え指先すら動かせなくなっても、立ち続ける。
生きていようが死んでいようが構わない。
ただまっすぐ、前を向いて。
それが、男が望んだあり方だから。
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
服を着ているときはそれほどでもなく見えるが、脱ぐと隆々としている細マッチョさん
正面にいくらか傷がある 背中にはない
右目に網膜障害があり、少し虚ろな目になっているのをカラーコンタクトで隠している

…心配するな、俺が来た。

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+14
14
鉄帝 0
0
0
天義 5
0
5
海洋 0
+5
5
練達 0
0
0
傭兵 0
+3
3
深緑 0
+5
5
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
プロフィール
自称・元ヒーローの男性。
誰かを守りたいという気持ちが下でヒーローを目指した…らしい。
スタイリッシュな戦いではなく、泥臭いのを地で行くタイプ。
耐えて耐えて殴って殴って、というおおよそヒーローとは程遠そうな
戦い方をする。

特に格闘技などは収めていない。曰く我流。
人助けとは言え暴力として扱ってしまうのは流派に失礼と考えているため。
フィジカル 20
メンタル 3
テクニック 12
キャパシティ 25
STP 13
SP 10
経験値 680/1000
HP 3465 AP 806
物理攻撃力 260 神秘攻撃力 172 EXF 21
防御技術 67 特殊抵抗 38 EXA 12
命中 17 回避 -3 クリティカル 7
反応 24 機動力 4 ファンブル 20
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
蹴戦
蹴りで攻撃を仕掛けます。
物至単029023720物至単:AP0:命中+6、物攻+30、【不殺】【装制:レンジ0】
名乗り口上
堂々と名乗りを上げ、自らの戦意を高めます。
物特特30-29720物特レ:AP30:命中+12、、【怒り】【自分を中心にレンジ2以内の敵にのみ影響】
シールドバッシュ
装備した盾で押し込み、強打を与えます。
物至単4941922920物至単:AP35:命中+5、物攻+(25+防技×2)、CT+2、【変動
ディスピリオド
猟犬の如く食らいつき、捉えた相手を確実に仕留めます。
物至単5026026820物至単:AP50:命中+9、CT+1、【ブレイク】【必殺
防御優先
防御を重視します。
------防技+2、抵抗-2
防御
防御技術に優れます。
------防技+4
防戦
防戦上手です。
------防技+6、前提【防御】
シールド
その戦い振りは大盾のようです。
------防技+8、抵抗+2、前提【防戦】
ハイ・ウォール
聳え立つ巨壁。
------シナリオ時、有効範囲内の二対象を【ブロック】か【マーク】出来ます。前提【LV10】
人助けセンサー
半径100メートル以内の助けを呼ぶ声を必ず感知します。又、態度や表明に関わらず、内心で助けを求めている人が分かります。ただし【ステルス】を持つ対象は感知出来ず、【ブロッキング】を持つ対象の本心は分かりません。
------
------
------

スキル・コレクション

CP: 25 / 25

装備 コレクション
アイコン 名前
ゼシュテル・シンドローム
鉄帝国に染まるとはこういう事でしょう。彼等は闘争を欲し、時に渇望は闘争への狂気へすり替わるのです。

ゼシュテル・スチール
鉄帝国近衛騎士用の黒い重装鎧。取り回しが悪く素晴らしい防御力を誇る横流し品です。
トビンガルー
飛び魚のように水面から常に跳ねているカンガルーです。水棲生物です。何故かおいしい。
ドレイク人形
恐るべき海賊ですが観光資源でもあります。
ゼシュテルパン
カッチカチで日持ちが良い食料です。
ゼシュテルパン
カッチカチで日持ちが良い食料です。
ラーシア・フェリル
純白正義的絶対教導主義。即ち曇りなき覇道なり。おむね。
ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM