PandoraPartyProject

『緋道を歩む者』
緋道 佐那
ひどう さな

パンドラ
20
最強目指さば
その刀に信念を込めて戦う者です
非常に隙のない美しい剣捌きです。
ID p3p005064
種族 カオスシード Lv 19
クラス 剣豪 / エスプリ 正剣
誕生日 9/1 性別 女性
身長 大柄 年齢 19
髪色 体型 華奢
肌色 普通 目の色
特徴(外見) 【年上に見える】 【長髪】 【ストレート】 【足が長い】 【傭兵風】
特徴(内面) 【好奇心旺盛】 【ポジティブ】 【ストイック】 【温厚】 【バトル中毒】
一人称 二人称 ~さん
口調 ね、よ、なのね、なのよね?
寛容 強欲
弱点 なし
経歴
自らを鍛え上げる事に余念が無かった
ギフト名
ギフト詳細
イラスト
セキュリティ
カオスシード (マニュアルのカオスシードを参照)

緋道の先…目指す頂は、まだ彼方。

悪名 ⇔ 名声
幻想 5
+61
66
鉄帝 5
-5
0
天義 0
+21
21
海洋 0
+30
30
練達 0
+1
1
傭兵 5
+23
28
深緑 0
+5
5
境界 0
0
0
プロフィール
流れる様に綺麗な黒髪、血の様に赤い瞳の少女。傭兵国ラサ出身。
元は孤児だったが、炎を纏う剣術を扱う緋道流を代々継承している緋道一家に拾われる。

傭兵出身の例に漏れず自由を好み、興味の向くまま気の向くまま、奔放に過ごす性質。
落ち着いた雰囲気を持つ大人びた少女であり、温厚に、或いは清楚に立ち振る舞う。曰く、姉弟子の教育の成果なのだそう。
一方、戦好きな一面を持ち、戦いが関わると豹変しやすい。強者相手では、歯を剥いた笑顔の様な獰猛な一面を見せる事も。

目標は、師でもある養父から授かった緋道流を更に極め、昇華させる事。
目標にしろ、嗜好にしろ。様々な敵と戦えるであろう今の境遇は、彼女にとって好都合だった様だ。
フィジカル 16
メンタル 10
テクニック 29
キャパシティ 25
STP 0
SP 3
経験値 1527/1990
HP 3295 AP 1220
物理攻撃力 301 神秘攻撃力 142 EXF 20
防御技術 25 特殊抵抗 30 EXA 13
命中 35 回避 73 クリティカル 10
反応 27 機動力 4 ファンブル 13
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
一刀両断
深く相手の間合いへと踏み込み相手を一刀で切り伏せます。
物至単 60 421 35 12 13 物至単:AP60:物攻+120、CT+2
名乗り口上
堂々と名乗りを上げ、自らの戦意を高めます。
物特特 30 - 47 10 13 物特レ:AP30:命中+12、無、【怒り】【自分を中心にレンジ2以内の敵にのみ影響】
五月雨
無形の術。切れ目の無い刺突と斬撃の繰り返しで敵を追い詰めます。
物至単 140 301 41 10 13 物至単:AP140:命中+6、【弱点】【連】【致命】【装制:レンジ0】
シャドウイグジスタンス
残像のように影を展開しながら動き、敵を惑わします。
付自単 200 - 35 10 13 自付与:AP200:回避+6、防御技術+10、特殊抵抗+10、クリティカル+1、【自付】【副】
上限解放I
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用できません。
- - - - - - CP+6、併用不可【上限解放II】【上限解放III】【上限解放IV】
アドレナリン
脳内麻薬の分泌で攻撃性が増しています。
- - - - - - 命中+5、回避-3、物攻+20、神攻+20、防技-5、抵抗-5、CT+1、FB+1、前提【風邪を引かない】【攻撃優先】
回避直感
鋭敏な直感で危機を回避します。
- - - - - - 回避+5、前提【回避】【LV10】
魔的な勘
魔的とも言える勘が冴え渡ります。
- - - - - - 回避+4、CT+1、前提【回避直感】【T20】【LV12】
盾戦闘熟練I
盾の扱いに長けます。盾を装備した時だけ効果を発揮します。
- - - - - - 片手持ちの盾を装備した時、回避+5、前提【T8】【P8】【M8】【LV10】
看破
注視する事で対象の変装、隠蔽工作を見破る確率が上がります。
- - - - - -
心眼
対象のスリーサイズを把握します。たまに故障します(どうしても知られたくない相手には通じません)
- - - - - -
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 31 / 31

装備 コレクション
アイコン 名前
双刀『黒魔』
持ち主の気力を力に変える魔刀です。二振りの片割れ。
疾風の指輪
風の如く舞い風の如く走らん。いくら網をひろげたとて、木々を抜ける風を捕まえる事は難しいでしょう。
ブラックメイズ
それ自体がまるで敵を誘う暗闇の迷路の如く機能する惑わしの服。
忘却の花
あの花の事を誰も覚えていない。確かに咲いていた筈なのに。確かにそこにあったのに。
忘却の花
あの花の事を誰も覚えていない。確かに咲いていた筈なのに。確かにそこにあったのに。
イリスのお小言
ふとした時に聞こえる声は気のせいか。母の愛は有り難いものです。たまにちょっと、だいぶ、面倒でも。
ラーシア・フェリル
純白正義的絶対教導主義。即ち曇りなき覇道なり。おむね。
忘却の花
あの花の事を誰も覚えていない。確かに咲いていた筈なのに。確かにそこにあったのに。
ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄 やりたい様に、生きたい様に進むだけよ。私は…これからもね/アドリブ大歓迎

PAGETOPPAGEBOTTOM