PandoraPartyProject

霧小町 まろう
きりこまち まろう

パンドラ
100
ID p3p002709
種族 カオスシード Lv 15
クラス エスプリ
誕生日 11/10 性別 女性
身長 普通 年齢 31
髪色 体型 細身
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【聖職者風】 【凡庸】 【ゆるふわ】 【いたいけ】 【泣きぼくろ】
特徴(内面) 【信仰者】 【ポジティブ】 【真面目】 【迂闊】 【天然】
一人称 二人称 名前+さま
口調 です、ます、ですね、でしょうか?
忍耐 怠惰
弱点 不器用
経歴
何かの啓示を受けた。多分、きっと
ギフト名 わたしのかみさま
ギフト詳細 誰かの声が頭の中に響くことがある。
一般常識や道徳を説く内容がほとんど。

『赤信号は渡ってはいけません』
『栄養はバランスよくとりなさい』
『雨が降ったら傘をさしなさい』

希にファッションにダメ出しされる。
イラスト
セキュリティ
カオスシード (マニュアルのカオスシードを参照)

神は言いました、『つらいことは忘れておしまいなさい』と。

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+23
23
鉄帝 0
+1
1
天義 0
+1
1
海洋 0
+5
5
練達 0
+2
2
傭兵 0
+1
1
深緑 0
+1
1
境界 0
+5
5
豊穣 0
+4
4
プロフィール公認設定一覧
 にこにこ明るいお姉さん。
たいてい何かの聖職者風の服装をしている。
シスター服と巫女服が多い。
困った人の力になりたい。



家事の傍ら、とある商会で身を粉にして働いていた。
あるとき重要書類を無くしてしまって、何日も夜通し探した末に、疲れ果てて虚空に祈った。

助けてください、神様!

『引き出しの奥をご覧なさい』

脳裏に響く声の通り、はたして皺まみれの紙束がそこにあった。

それ以来神の声が聞こえるようになった。

『お婆さんに席を譲りなさい』
『歩くときは前をご覧なさい』
『そのパンツだと凄く足太く見える。凄く』

全て神の声だと信じて真面目に従っている。

『世界の為になりなさい』

商会勤めは辞めました。全ては神の御心のままに。
フィジカル 6
メンタル 11
テクニック 9
キャパシティ 7
STP 88
SP 54
経験値 1113/1290
HP 1525 AP 991
物理攻撃力 74 神秘攻撃力 124 EXF 16
防御技術 26 特殊抵抗 27 EXA 12
命中 12 回避 6 クリティカル 7
反応 13 機動力 4 ファンブル 15
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
-----
-----
-----
-----
------
------
------
------
------
------
------
------

スキル・コレクション

CP: 0 / 7

装備 コレクション
アイコン 名前
呪符
力ある言葉の記された符は術式の展開で力を発揮します。 
マスク・オブ・サニティ

白銀の大盾。その純白は正気を守るのか、正気と見せているだけか。 
ムーディー・サマー
2018年、夏の思い出を象徴する浴衣です。 
調理用具
包丁やお鍋など。




ギルド
超混沌式ゴッド神殿
-
-
-
-
感情

  • 恋人

  • 親近感

  • 親近感

感情一覧へ

通信欄 神は言いました、『マイペースがいちばん』と

PAGETOPPAGEBOTTOM