PandoraPartyProject

『ポイズン・エンド』
アンタレス・SCP0-N
あんたれす・すこーぴおん

パンドラ
100
裏社会の請負人です。
荒事はお手の物
やれる範囲は決まってるよ。草むしりにペット探しから、ミサイルの調達までってね。
ID p3p000138
種族 オールドワン Lv 7
クラス アンダーテイカー / アウトロー エスプリ 何でも屋
誕生日 11/17 性別 男性
身長 大柄 年齢 Unknown
髪色 体型 精悼
肌色 普通 目の色
特徴(外見) 【全身機械】 【顔に傷】 【巨漢】 【なし】 【なし】
特徴(内面) 【いい加減】 【強気】 【気前がいい】 【酒豪】 【なし】
一人称 吾輩 二人称 ~殿、おぬし
口調 である、であろう
忍耐 傲慢
弱点 鈍重
経歴
戦いこそが人生である
ギフト名 パワードスチーム
ギフト詳細 ポーズ(構え)をとったとき、任意で機械部分からスチーム(蒸気)を噴きだすことができる。排熱はロマン!
イラスト
セキュリティ
オールドワン (マニュアルのオールドワンを参照)

がっはっは!今日も酒がうまいのぅ!

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
+5
5
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
+5
5
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
プロフィール
外見は蠍のモチーフを取り込んだ全身機械の鉄騎種。
良く言えば懐が大きい、悪く言えば大雑把な性格。
オレンジ色のボディで、背後には針のついた尻尾がついている。
SCP0-Nはかつて呼ばれていたコードネームであり、そのまま読むのでは面白くないからとスコーピオンと名乗るようにした。
基本的にはアンタレス、サソリのおっさんと呼ばれたり

好きなことは食べる、飲むこと、お祭り騒ぎととにかく明るいノリが好き。


かつて傭兵団『希望の旗』に所属していたが、その傭兵団のリーダーが何者かに殺され団はバラバラに。
そのリーダーからの願いと祈りを受け、生を楽しむために生きる。
……リーダーの分まで
フィジカル 25
メンタル 8
テクニック 5
キャパシティ 10
STP 1
SP 0
経験値 269/370
HP 2025 AP 666
物理攻撃力 280 神秘攻撃力 122 EXF 18
防御技術 34 特殊抵抗 26 EXA 14
命中 22 回避 11 クリティカル 0
反応 21 機動力 4 ファンブル 9
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
格闘
得物で格闘戦を仕掛けます。
物至単 - 325 25 0 9 物至単:AP0:命中+3、物攻+45
喧嘩殺法
実戦的な我流殺法を仕掛けます。
物近単 60 280 22 0 9 物近単:AP60:【連】
ディストラクション
強烈な一撃で対象の構えを砕きます。
物至単 60 380 27 0 9 物至単:AP60:命中+5、物攻+100、【ブレイク】
飛翔斬
『飛ぶ斬撃』で対象を強襲します。
物遠単 60 345 28 0 9 物遠単:AP60:命中+6、物攻+65、【崩れ】
鉄騎
粘り強く頑健な鋼の肉体を持ちます。
- - - - - - HP+150、AP+50、防技+2
脳筋
大抵物理で解決します。
- - - - - - 物攻+5、神攻-5
防御
防御技術に優れます。
- - - - - - 防技+4
上限解放III
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
- - - - - - CP+15、併用不可【上限解放I】【上限解放II】【上限解放IV】、前提【上限解放I】【上限解放II】
- - - - - -
過酷耐性
耐性を持たない生物が活動困難な過酷な環境下においても一定の活動が出来る可能性を持っています。
- - - - - -
一喝
一喝で場の主導権を握るテクニックです。弱気な相手が対象である程効果的ですが、逆効果の局面も多くあります。
- - - - - -
眼光
強烈な眼光を見せます。適切な言行と合わせれば相手は貴方を只者ではないと認識しやすくなります。
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 18 / 25

装備 コレクション
アイコン 名前
白い死神
白銀のライフルから放たれる魔弾は命を刈り取る白き死神の宣告なのです。

オートクチュール
貴方だけの為にしつらえられた職人の防具です。
オアシスの雫
それは砂漠の乾きを癒やす潤いの名酒。
サンセットビーチ
夕焼けの海をイメージした柑橘系カクテルです。
貴公子のマント
リシャール・エウリオン・ファーレルが幻想社交界に残した逸話は多い。
ロケット
胸元に忍ばせる装飾品です。何を入れるかはあなた次第。

ギルド
情報屋『フリートホーフ』
-
-
-
-
感情

  • 興味

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM