PandoraPartyProject

リリィリィ・レギオン
りりぃりぃ・れぎおん




ID p3n000234
種族 ウォーカー Lv -
クラス エスプリ
誕生日 10/18 性別 男性
身長 小柄 年齢 Unknown
髪色 体型 華奢
肌色 色白 目の色 ピンク
特徴(外見) 【可愛い】 【ショタ】 【たれ目】 【ボブ】 【絶対領域】
特徴(内面) 【子供】 【気障】 【おしゃべり】 【やれば出来る】 【なし】
一人称 二人称 ミス(ミスタ)
口調 だ、だよ、だよね?
寛容 傲慢
弱点 病弱/不適合
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 僕に従って?
ギフト詳細  太陽光に当たっても平気な蝙蝠を己の纏う「黒」から生成できる。
 其れは髪の毛であったり、常に纏っているマントだったりする。
 一匹しか生成できないが、何処までも羽撃いていく強さと必ず戻って来る忠誠心、そしてリリィリィと五感・記憶を共有できる能力を持つ。
 リリィリィの情報収集術の一つ。
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
髪の色→黒から赤へのグラデーション。

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
0
0
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
0
0
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
覇竜 0
0
0
プロフィール公認設定一覧関連冒険一覧
 名前は通り名。彼は生きた数百年の間に様々な名を名乗っていたが、必ず姓は「リリィリィ」と相場が決まっていた。故に「リリィリィの群体」なのである。
 蝙蝠と黒猫を使い魔として扱い、黒いマントに身を包む、絵本から出てきたかのようなそれ。(彼は吸血鬼と呼ばれるのは余り好きではないようだ)太陽は日傘で防げばいいので、余り気にしてはいない。だけど家には招かれないと入れないし、鏡には映らないので練達製の手鏡を携帯している。
 少年の姿をしているのは「其の方が人と仲良くなりやすいから」。
 そんな彼が何故ローレットの情報屋に収まったのか。パンドラに影響を及ぼすでもない旅人である身が単に寂しかったから、という説が有力である。故に、イレギュラーズにはそうでないもの以上に敬意をもって接する。
スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------


装備 コレクション
アイコン 名前








ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

GM 奇古譚
通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM