PandoraPartyProject

鈴華御前 [死亡]
すずかごぜん

ID p3n000210
種族 グリムアザース Lv -
クラス エスプリ
誕生日 10/5 性別 女性
身長 普通 年齢 Unknown
髪色 体型 普通
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【妖しい】 【長髪】 【小柄】 【ケモ耳】 【しっぽ】
特徴(内面) 【大人】 【バトル中毒】 【気まぐれ】 【なし】 【なし】
一人称 二人称 愛称呼び
口調 ~じゃ、~なのじゃ、~なのかえ?
勇気 色欲
弱点 鈍重/好色
経歴
長い年月を眠っていた
ギフト名
ギフト詳細
イラスト
セキュリティ
グリムアザース (詳細 + マニュアルの共通を参照)
・肌
やや色白
・髪
白く、美しい長髪
・双眸
金色
・顔
歌舞伎などで使うような狐面を思わせる赤い化粧
頭頂部には髪の色と同じ白い狐の耳が生えている

・体型
やや小柄
背中には白色の尻尾が4本

【服装】
十二単、手に鉄扇

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
0
0
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
0
0
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
プロフィール公認設定一覧
人々が思い浮かべる『妖狐とはこういう存在である』という一種の偏見、
あるいは共通意識の一部が精霊種として形を成した存在(やおよろず)――だった。

かつて、上坂某というカムイグラの武人とその与党を相手に妖狐の群れを連れて争い、
死にかけるも『もっとこの愛しき者と戦っていたい』という気持ちから反転。
しかしこの際の傷を癒すために隠れている間に執着すべき相手は死に、
新たな敵も見受けられず隠居。

所謂カムイグラの動乱の中で神使達と出会い、
英雄との戦いを愛し、楽しみながら死んだ。

反転の経緯もあり、神使への心象はかなり好意的だった。
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------


装備 コレクション
アイコン 名前








ギルド
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

GM 春野紅葉
通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM