PandoraPartyProject

コレクション

詳細・説明 ユーザーコメント
空想の刃を引き出すための空の鞘『頼守』に、刀のように扱うことで神秘の発動を補助する紫の角『紫闢』を収めた刀型武装。 『頼守』は無から有を生み出し、『紫闢』は有を無に貶める。 故に其は虚刃流の表と裏。

HP+1000、物攻+(216+(HP/50(最大300)))、神攻+(216+(HP/50(最大300)))、命中+(21+(HP/800(最大20)))、CT+(7+(HP/5000))、FB+5、【両手】

レベル:73
それは彼女の左の角。いかなる力も残されていない、ただの歪な一かけら。けれど確かに彼女がいたことを示す、思慕の残滓――――いつかキミが迷わぬように

AP+100、物攻+30、神攻+30、FB+2
過ぎた空想は形而下の在り方すら歪め得る。 紫の角の別側面、荒れ狂う紫電束ねし形なき刃。 即ち、頼々が紫に抱いた印象の具現。 轟雷の如く鮮烈で、嵐のように迷惑で──死に瀕した時思い出すのは、そんな女の後ろ姿。

HP-250、AP-250、物攻+345、神攻+120、命中+22、CT+2、FB+6、【通常攻撃:スプラッシュ2】、【スキル:天、穿つものを活性化している扱いになります】

レベル:61 レアリティ:レリック
頼々の師、紫(ゆかり)の右の角にして鞘。 死闘の果てに紫を殺したことで、角を通して彼女を感じ取ることはもうない。 完全に侵蝕された躰を活性化させる触媒であり、使えばその身に彼女の姿を重ねることになるだろう

物攻+(120+(FB×7))、神攻+(120+(FB×7))、命中+(12+(5+FB/3))、FB+4、【通常レンジ3】

レベル:61
視界に収めれば彼等は知るだろう。此は脆く、矮小な下等生物なれど、鱗程度ならば砕くに能う何かがあるのだ、と。

HP-50、AP-25、防技+2、【スロット2】【シナリオ時、竜種、亜竜種と遭遇した時、興味を持たれやすくなり、ターゲットにされやすくなります】

レアリティ:レリック
存在しない虚の棘を生やす包帯。敢えて手足に巻くことで棘を肌に食い込ませ、痛みによって意識を覚醒させる。日に日に痛みが鈍るのは気のせいだ。傷がすぐに塞がるのは何かの間違いだ。己はまだ人だ。そのはずだ。

HP+100、AP+50、物攻+60、神攻+60、FB+4
紫による肉体の侵蝕が完了し、頼々が得た固有の権能。 星の大気に干渉し、刃傷とする力。 理論上は星を切り刻むことすら可能だが、今の頼々には到底扱いきれるものではない。 精々、目の前の敵を切り刻む程度が関の山。

命中+1、物攻+25、EXA+3、FB+2
どうして……【装制:ア】

反応+12、防技-6、抵抗-6
創刊号にはゲロビがついて1Gold!

物攻+45、神攻+45、FB+3

PAGETOPPAGEBOTTOM