PandoraPartyProject

公認設定一覧

耀 英司が公開している公認設定の一覧です。


変身姿一覧(全員に公開)
基本:ダークナイトフォーム
スキル:変身バンク
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/43524
解説:特注の鎧。

中間:ダークナイトフォームヘイトレッド
スキル:AKA
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/51791
解説:力を求めた結果。”憎悪に呑み込まれたまま無辜の混沌を訪れていた場合”の姿。

最終:イクリプスフォーム
スキル:AKA
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/55248
解説:ROOにて自己と相対した結果、”現在の自分を信じ突き進んだ場合”の姿。
(288文字)
設定中目覚めた力(全員に公開)
無辜なる混沌を訪れてしばらく経った頃。
極度に集中してトレーニングを行っていた際、金色の稲妻を纏う黒いエネルギーが体から噴き出し、器具を破壊した。
以降、戦意と共に発現する力の制御に頭を悩ませる事になる。
(100文字)
怪人H(全員に公開)
夜な夜な札付きの悪をのして回る異常者。
理不尽に涙する時、ふらっと目の前に現れる仮面の男の噂。
冗談交じりに殺戮を行う事もある彼を、誰がヒーローと呼ぼうか。
ただひたすらに、その嘆きを身勝手に代行する怪人。
(100文字)
耀英司(全員に公開)
かつて正義感を胸に生きていた、普通の男の残骸。
手を差し伸べるたび、夢を、希望を、居場所を失っていった。
突如起こったアジア系マフィアとヤクザの抗争の話題が落ち着いた頃、消息を絶つ。
彼の家族が事件現場にて遺体で見つかっている事や、周辺での目撃情報から、何らかの関与が疑われていた。
抗争の決着は、アジア系マフィアの構成員全てが惨殺されての消滅である。
(172文字)
(全員に公開)
自らの腕に食らいついて離れなかったドーベルマンを、そのまま連れ帰り飼育した事がある。
元はアジア系マフィアの番犬だった。
自らをHとした際に、それに続くものとして、Iと名付ける。
それは旅人が引き剝がされた半身。愛情。哀願。
(109文字)

PAGETOPPAGEBOTTOM