PandoraPartyProject

公認設定一覧

ボディ・ダクレが公開している公認設定の一覧です。


『匣』(全員に公開)
『こんな物があっていいはずがない」
そう記された機構、現代のオーパーツと称された異物
繋がれた死体は動き、人間と遜色ない知能を宿し、見えぬナニカを喰らっている
誰もその原理を理解できない
何故このようなプログラムで機能するのかが解明すらできない

だが良いのだ
分からなくても『使える』のだから
文字通りのブラックボックスであっても、世界は匣を求めた
そして戦場に屍機は溢れる、男の狙い通りに

正体は『魂と生命へのオカルトを電子的に再現し、AIとシステムで統括せしめた呪物』
ネクロマンシー、ホムンクルス、魂喰い。考え得る物全てをプログラムに書き込んだ
呪詛と科学のグロテスクな融合。それは男のたった一つの願いの為に作られた
(300文字)

『屍機』(全員に公開)
ヴィクトル・フランケンシュタインによって開発された、とある戦闘用アンデッド達の総称。
人体の頸部より上を切断し、人工知能を内蔵した運動指令装置である『匣』を移植することで製造される。

運用目的は『殺人による人間の魂の蒐集』
『匣』に刻まれた術式によって、幾多数多の魂を貪り、啜り、喰らう。
魂狩りの走狗としての兵器である。
故に、全ての屍機に存在するは『殺す』ことへの本能。
殺す為に動き、殺す為に話し、殺す為に殺す。それが存在理由であるから。

ボディ・ダクレ以外の屍機は正常に稼働している。
殺人以外を行う、彼こそが異常なのだ。
(257文字)

PAGETOPPAGEBOTTOM