PandoraPartyProject

公認設定一覧

リトル・リリーが公開している公認設定の一覧です。


リトルについて(全員に公開)
複製体集団、little。博士であるハルカを中心に計画の失敗作達や混沌で出会った者達を集めた傭兵集団。
リリーも一応所属はしている事にはなっていたが、ローレットに入った事で一時離脱の形をとっている。
基本的にお金が欲しいのでどんな小さい仕事でも受ける(猫探しとか)が、ローレットと敵対する事を嫌う。勿論リリーの為であるし、何より敵対したら面倒だ、という考えである。
まあ血気は盛んなので模擬戦位なら……って感じではあるが、ともかくローレットと敵対したと分かった瞬間撤収する。
ちなみにそうならない為にもたまにローレットに依頼を見に来たり相談しに来たりする。
ついでに何人かはたまにローレットに遊びに行っている。
(300文字)

失敗作(全員に公開)
littleの彼らが失敗作と呼ばれるのは理由がある。

・感情を持って生まれた
ただの量産兵器に、感情などいらないのだ。

・目が赤い
魔力の無さを意味する。彼らは分かっていなかったようだが、少なくともこれが失敗作なのは分かっているようだ。

・戦闘能力が無い
戦闘能力の無い兵器に用は無い。

その他色々な基準から成り立っているが、基本はこの三つ。
しかし、彼女らは軍にとって失敗作でも、たとえ小さくても、複製体だとしても、生き物として生まれたのだから。

自由に生きる権利位、あるはず。
(231文字)

設定中正体(全員に公開)
その正体はとある世界の軍で作られた、死んだ魔法使いの小型化複製体の一つ。失敗作の為、動物の餌行きのはずだったがその動物を操り暴走。その後記憶処理をされ今に至る。

その複製計画の名前が"リトル"。なのでリリーと呼ぶと喜ぶ。

ちなみにその魔法使いは死んでおらず、今は小野町・零として混沌に存在する。

また、複製体達には特徴があり、魔力が有り余る状態だと瞳が青く、魔力が切れかけると瞳が赤くなる。
(192文字)

リトルとの関係(全員に公開)
littleの皆とは今でも交流があり、リリーにとっては大事な仲間たちであり、ハルカ達から見てもリリーは大事な仲間である。特にハルカはリリーの事を娘のように大事にしていた。今はローレット所属なのもあって、あまり会えては居ないが……それでも、ここの絆は変わらない。
これも、失敗作達だから、感情を持てたから……。
だからlittleがピンチになれば、リリーは助けに行くだろうし、リリーがピンチになればlittleは助けに行くだろう。
ちなみに正式表記はlittle。だが文字数の関係でリトルになったりする。所謂表記揺れ。
(255文字)

PAGETOPPAGEBOTTOM