PandoraPartyProject

クエスト

闘技場設定は『練習場』から!

現在RC:0 (SRC:0)

  • 三年目の誘い
    現在報酬:基礎EXP18%、最新闇市アイテム×1

 今からおおよそ三年ほど前のことである。
 無辜なる混沌――この世界――に『大量召喚』と呼ばれる事象が発生した。
 世界は『絶対に外れぬ』とされる神託により、やがて滅びの運命を迎えるとされている。
 そして滅亡回避の可能性(パンドラ)を蒐集することの出来る存在は『特異運命座標』と呼ばれていた。
 特異運命座標は、特異運命座標たるその定めを背負う瞬間に、神託の少女ざんげが居る空中神殿へと召喚されるのだ。
 この世界の各地から、或いは異世界から――
 召喚自体はこれまでも散見されたが、ある日を境に大量の召喚が発生したのであった。

 謂わば救世主のような存在である特異運命座標は、特異運命座標の為の冒険者ギルド『ローレット』へ所属して、多くの活動を行ってきた。
 特異運命座標が何事かを成し遂げる度に――それが偉大なことであっても、あるいはどんな些細なことであっても――世界には可能性(パンドラ)が蓄積される。
 故にローレットの特異運命座標達は、世界の国々や人々の頼みに耳を傾け、解決してきたのだった。

 戦いの中で、特異運命座標は彼等と対極の存在――即ち世界を滅びへと導く『魔種』と呼ばれる存在と対峙し、これを次々に撃破していった。
 そして僅か三年の間に、七罪を冠する伝説の大魔種を二柱も撃滅せしめたのである。

 無論の事ながら、救世主達による破竹の快進撃に世界中が沸いた。
 何かといがみ合うことも多い世界の主要国家は、大量召喚からの三周年を大いに祝い、首脳達によるサミットを実現させるに到った。
 首脳陣は特異運命座標に領地を与えるという決断を行い、世界各地ではこれを迎える為に大小の祭りが開催されている。

 世の中には光があれば闇もある。
 特異運命座標が可能性を蒐集出来るのは、何も『善行』だけとは『限らない』。
 この日特異運命座標の手元に一通の書が届けられた。
 差出人はこの地に巣くう、いわば社会の暗部であった。
 領主となるを期待されている特異運命座標とコネクションの形成を望んでいるのだろう。
 行くのであれば、今後の関係が期待出来る。
 しかし実際に手を結ぶとなれば、悪評が立つのは否めない。
 握りつぶすか、それとも必要悪と割り切るか。
 判断は特異運命座標自身に委ねられている。
 そうした組織は往々にして一枚岩ではない。
 手紙の送り主自体は歓迎してくれるであろうが、抗争相手からの襲撃を受ける可能性もあるだろう。

クエスト内容

●敵
 エージェント×4
 近接攻撃を仕掛けてきます。

 ※このクエストは最初のクリア時に一度だけ、使用することで悪名が5点獲得出来るアイテムを入手することが出来ます。どの地域での悪名を欲するかは、使用時に選択可能です。

同行者(最大3人)

同行者は、経験値・報酬・称号等は入手出来ません。また、同行された通知も行なわれません。

対戦相手

エージェント
エージェント
エージェント
エージェント

全体の成績

総挑戦回数192回
勝利135回 敗北0回 引き分け0回 スキップ57回

PAGETOPPAGEBOTTOM