PandoraPartyProject

クエスト

闘技場設定は『練習場』から!

現在RC:0 (SRC:0)

  • 時代遡行装置アーカーシャ
    時代遡行装置アーカーシャ

 ――境界。

 果ての迷宮10層の最奥に存在していたその異空間は荘厳なる図書館として特異運命座標の目には映った。
『境界図書館』と、その名を呼ばれたその場所は無辜なる混沌と外の世界を結ぶ役割を担っている。
  日々、『ライブノベル』と呼ばれる本を通して異世界に干渉する機能を有する図書館で異世界の案内人たる秘宝種の少女――無性ではあるがその姿は紛れもなく少女である――『ホライゾンライブラリ館長』クレカは「来た」とイレギュラーズの訪れを歓迎した。
 多くを語らず、人形めいた美貌を持ったクレカの傍らには楽しげな双子の星、カストル・ジェミニとポルックス・ジェミニが微笑んでいる。双子は世界と世界、あわいの住民であり境界案内人(ホライゾンシーカー)と呼ばれる存在だ。
 双子以外の案内人達も書架より新たなライブノベルを手にしているようだが……クレカの用事はライブノベルについてではない。

「こっち」
 手招きを一つ。
 歩いて行くクレカの背を見送って双子はイレギュラーズに行ってらっしゃいと告げる。
「これ」
 ぴた、と図書館の最奥で立ち止まったクレカが指さしたのは一つの機械であった。
 レトロな雰囲気をさせる其れは映写機と呼ばれる代物だ。
 どうしてこの図書館に――とクレカを見遣れば彼女はどこかぎこちない――そして、寂しげな――顔をした。
「これは時代遡行装置アーカーシャ。
 境界図書館で新しく発見された機械。これで過去を追体験できる」
 ――過去を?
「皆が冒険してきたすべて。幻想のサーカスも、天義の月光人形も。そういう過去も」
 クレカは言う。
 どうしたものか他の案内人にはその使い方は分からなかったがクレカには分かったのだという。
 此れまでの『境界での活動』の影響か新たな可能性が芽生えるようにその装置が発見されたのかもしれないとクレカは考えた。
「『過去』を見てみよう」
 クレカはそう言った。
 過去は『今は』あくまで見るだけなのだそうだ。まだ、発見されたばかり――クレカ自身も何となく分かっていた使い方で過去を追体験する方法を編み出しただけだそうだ。
「……私も、外の戦いを見てみたいから」
 これまでの冒険をひとつ、振り返ってみよう。
 ……そういえば、あの噂される『大量召喚』の日――ローレットの本格始動の日から、もう3年も経ったのだと、アーカーシャに映し出された時刻表示でぼんやりとした実感が沸き立ったのだった。

 時計の針が進む。

 空間が歪む。

 気付けば、無数の映像が流れ始め目の前にはクレカは存在していない。

 00:00:00:00:00

 カラカラカラカラカラ――――

 音を立てたかと思えばその空間には人型が立っていた。其れが誰であるのかを理解する前にその『人型』はそっと――空間を指さす。

 カラカラカラカラカラ――――

 00:00:00:00:01

 ――――固定。

 天よりクレカの声が聞こえた。そうと見上げれば其処にあった異空間は直ぐに『よくある空』へと変化する。

「これが『時代遡行装置アーカーシャ』……先ずは時空ダイブに適応できるか、テスト。
 目の前のモンスターを倒して。大丈夫、見守っているから」


シナリオ詳細

 時代遡行装置アーカーシャは果ての迷宮10層に存在する『境界図書館(ホライゾンライブラリ)』内で発見された装置です。
 境界案内人であるクレカが行う拙い操縦は皆さんを『過去』へと誘い、過去の追体験を行うこと可能としています。
 本クエストは『PandoraPartyProject』の此れまでのお話を1つ1つなぞるように展開されていきます。
 それでは――『時代遡行装置アーカーシャ』をお楽しみ下さい。

クエスト詳細

■時空ダイブテストエネミー
 クレカの用意したテスト・モンスターです。
 さほど大きな力は持っていませんが、逆に言うと倒せなければダイブは早いという事でもあるでしょう。
 さぁ挑んでみてください――

 *本クエストは0RC(無料)で参加出来ますが、経験値・アイテムは入手できません。

同行者(最大1人)

同行者は、経験値・報酬・称号等は入手出来ません。また、同行された通知も行なわれません。

対戦相手

テスト・エネミー:アーカーシャ・プログラム
テスト・エネミー:アーカーシャ・プログラム

全体の成績

総挑戦回数943回
勝利425回 敗北8回 引き分け1回 スキップ509回

PAGETOPPAGEBOTTOM