PandoraPartyProject

クエスト

現在RC:0

  • はらぺこ王女とグレーターバンブーショット
    現在報酬:基礎EXP18%、最新闇市アイテム×1

 あなた がローレットへ訪れると、不意に袖を引っ張られた。
 顔をそちらへ向ける。が、誰も居ない。もう一度袖を引っ張られた。
 視線を下へと向ければ、そこにゲッソリとしたルーニャ・エルテーシアがいた。
「あのね。私、お腹が空いたのよ……」
 どこかで見た覚えのあるやりとりな気もするが、この娘はいつもこんなのだ。
 「話を聞いてちょうだいよ……。それはとても大変な話なのよ……」
 そうして語り始めたルーニャ。
「――つまり、美味しいもの食べ過ぎてお金がなくなったのよ……」
 五秒で話は終わった。
 無計画の自業自得であるのは明白だが、その姿はあまりに不憫だ。
「他の人に聞いても、誰も相手にしてくれなかったのよ~、助けてよ~」
 そらこんなのを相手にしてる暇もないと言いたい所だが、その憐れな姿を見ていると少し助けてやるか、という気にもなってきた。
 仕方が無い。少し助けてあげよう。あなたはそうルーニャに言うと、
「ほんとなのか!? よしならゴールドを……!」
 性懲りも無く金を要求するとは、この娘は……。どうせ直ぐに美味い物を買って使い果たすに違いない。
 というわけでお金はあげない。
「そんなぁ~、じゃぁどうやってこのぐーぐー鳴るはらぺこアラームを止めればいいのよ!!」
 逆ギレを起こすルーニャ。大方こうして誰にも相手にされなくなったのだろう。
 呆れつつ、あなたはルーニャが引き摺っている大剣を指さす。
 金がないなら自力で稼ぐ。なんだったら食材を入手すればいいのだ。
「そっか! 前にもそうやって美味しい物食べたわね!! よし、それなら早速美味しいものゲットに行くのよー!!」
 袖を引っ張られたまま、あなたはルーニャに連れられてローレットを飛び出していくのだった。


 で、これはどういうことなのだろうか。
「私のはらぺこチェッカーが今の旬はタケノコっていうのよ! だからコイツを倒してタケノコをゲットよー!!」
 そういってルーニャが格好良く大剣を構える。
 旬な食材というのはわかったが、なぜこんな凶暴そうな魔物――『グレーターバンブーショット』なる魔物に立ち向かおうというのだろうか。
「この世界の魔物は美味いからね。あなたも食べたら虜になるわよ!!」
 勝ったら食べなきゃならないのか……。不味かったら、なにかの罰ゲームかな?
「数が多いけど私とあなたなら楽勝よね! いくのよー!!」
 どこから沸いて出るのかその自信。
 一つ大きな息を吐いて、あなたは仕方なしと武器を構えるのだった。

クエスト詳細

・敵  『グレーターバンブーショット』×8
 タケノコの魔物です。
 そう強い相手ではありませんが、数が多く厄介です。
 攻撃力が高めなので注意しましょう。

・同行NPC
 『はらぺこ王女さま』ルーニャ・エルテーシア (p3n000040)
 近距離攻撃オンリーの突撃アタッカーです。倒れるまで突撃を繰り返します。

 担当GM『澤見夜行

同行者(最大2人)

同行者は、経験値・報酬・称号等は入手出来ません。また、同行された通知も行なわれません。

味方NPC

ルーニャ・エルテーシア
はらぺこ王女さま

対戦相手

グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット
グレーターバンブーショット

全体の成績

総挑戦回数200回
勝利189回 敗北11回 引き分け0回

PAGETOP