PandoraPartyProject

クエスト

闘技場設定は『練習場』から!

現在RC:0 (SRC:0)

  • All's right with the world!
    現在報酬:基礎EXP24%、最新闇市アイテム×1

 世界中にバグホールが開いてから、幾ばくかの時が過ぎていた。

 冠位色欲を打破した幻想王国は、にわかに活気づいている。
 辺境各地に出現する終焉獣は、ろくに襲撃してくる様子もなく。
 それでもこの国には、確かな空気につつまれていた。

 ――ローレットのイレギュラーズが居れば、なんとかなるんじゃないか。

 ギルドマスターであるレオンの行方も知れないままに。
 この国を取り巻く空気感は、希望と期待に溢れながらも、ある種の弛緩とも思われてやまず。ともかくこの国は今、一つのブームの最中にある。
「とりあえず一つってことですか」
「うん、沢山あるみたいだしね」
 普久原・ほむら(p3n000159)の言葉に、アルテナ・フォルテ (p3n000007)が一枚の地図を広げた。
 バツ印は、最近見つかったダンジョンの位置を示している。
 幻想各地に同様のダンジョンが発見されており、ここもその一つだ。
「簡単に踏破できるとのことですわよね」
 ディアナ・K・リリエンルージュ (p3n000238)に、けれどアルテナは「ううん」と首を横に振った。
 ダンジョンの多くは、それなりに危険ではあるが、若手冒険者でもどうにかなるという噂だ。それでも実際の難易度自体には開きがあり、ここは『かなり難しいほう』ということである。なんでも中堅どころの冒険者パーティーが敗退したらしい。
「たまにそういう所もあるわけですね」
 とはいえ、どのダンジョンであろうと眠っているお宝に、さしたる価値はない。
 主に古代の金銀財宝や、ちょっとしたアイテムなど。
 まるであちこちの遺跡へ、ちりばめるように眠っていると聞く。
 いずれにせよ若手冒険者にとっては、結構な儲け話ではあろうが。
「なんか釈然としませんが」
 どことなく違和感は拭えないままに。

 ともあれ話を戻そう。
 ダンジョンのほとんどは簡単である。
 難易度にはある程度の開きがあり、危険度が大きい場所もある。
 危険なダンジョンも無理矢理踏破したという噂もあるのだが。
 結局のところ、宝にはさして違いもなかったということだ。
 まあ、だから『ここ』は放置されたのだろう。
 他にも沢山あるのだから、こんな所で苦戦したり、命を落としたりする言われはない。だが万が一にもダンジョンから魔物が出てきたら――などと考えると踏破しない訳にもいかず。
 ここへ来て、ようやくローレットへお鉢が回ってきたという訳だ。
 類似案件も、それなりにあると聞く。
 つまりは不人気なダンジョンである訳だが。

 そう。
 別段として、不審な点そのものは、ないと言えばないのだ。
 幻想にばかり、同時に多数見つかった。
 どれもさして難しくはない。
 いずれもちょっと嬉しい程度の、手軽な財宝が眠っている。
 それも『こんな時期に』。
 これらの条件が全て揃ったからこその、違和感だった。
 どちらかといえば、その違和感に近付くことにこそ、価値があるのではないか。
 今や一行は単なる小銭集めではなく、そういう土台で戦っている。

 ともあれ調査も兼ねて、まずは乗り込んでみようではないか。

クエスト内容

 世界中に顕現したバグ・ホール。それらの対応を行なうイレギュラーズでした。
 しかし幻想の様子は、どこか違って見えます。
 人々は活気付き、発見された多数のダンジョンを追い求めています。
 ちょっとしたお宝があるだけの、ちょっとした遺跡です。
 まるで誰かが、お金をばらまくために用意したような……。

 このダンジョンはその中でも、少し難しくて投げ出されたもののようです。
 さっそく調査してみましょう。

同行者(最大3人)

同行者は、経験値・報酬・称号等は入手出来ません。また、同行された通知も行なわれません。

味方NPC

アルテナ・フォルテ
熟練冒険者
普久原 ほむら
引っ込み思案
ディアナ・K・リリエンルージュ
聖頌姫

対戦相手

エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ガーゴイル
エンシェント・ミミック
エンシェント・ミミック
エンシェント・イミテーター

全体の成績

総挑戦回数995回
勝利178回 敗北0回 引き分け0回 スキップ817回

PAGETOPPAGEBOTTOM