PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


灼熱の採掘冒険ツアー

 特異運命座標、即ち君たちが世界に急増した『大召喚の日』より幾ばくかの時が流れた。
 魔種と戦い、国を挙げての大戦があり、龍を鎮め、豊穣を見つけ――
 一行どころか何頁使っても説明しきれない程の激動の時代を迎えている無垢なる混沌。
 そんな中でも君たちは大なり小なり活躍しながらも、自分なりの活動を行っていた。

 だが、勿論人々の住まうこの世界で暮らしていく以上、特異運命座標である君たちにも現世の柵というのは存在する。
 何々の食材が値上がっただとか、多くはそんな微笑ましい物だが……中には君たちであるからこそ無視しにくい話も存在する。
 ――そう、例えば鉱石類の値上がり、品薄、供給減等だ。

 魔種やその他モンスターとの戦闘による被害からの復興や交流が活性化している豊穣との貿易は勿論の事だが、やはりそれらが重要になるのは戦闘に関わる事だ。
 武器防具に兵器に矢弾に、あるいは練達で重宝しているレアメタルや合金の素材にと、有用で良質な鉱石は幾らあっても足りるという事はない。
 特に魔種との激闘が活気づく近年では特に、だ。
 常日頃から君たちが使っている強力な武具だって元はそういった鉱物から名工らが作られているものなのだ。
 故にこそ、暫くは問題ないと分かっていても尚やはり仄かな不安が胸に過ぎるという物だ。
 領地を持つ特異運命座標達も石切場や採掘施設を増設し市場に卸したりといった日々を過ごしていたのだが――ある日、気になる話を聞く事となる。

 ――どうやら、噂の火山の深部には希少で貴重な鉱石が多数眠っているらしい、と!
 人里離れたモンスターも多数徘徊する危険地帯。
 灼熱の熱気溢れる過酷な場所だが……一般人にはとても厳しくとも、君たち特異運命座標であれば上手くいけば採掘する事もできるだろう!

 君たちは早速納品依頼を取り次ぎ、火山洞穴内の地図を受け取り、準備を整え出発するのであった。
 さぁ、新たな冒険の始まりだ!


 シナリオ:黒矢

参加者一覧
アンバー・タイラント(p3p010470)
亜竜祓い
燦火=炯=フェネクス(p3p010488)
希望の星
ブランシュ=エルフレーム=リアルト(p3p010222)
死神の足音
劉・紫琳(p3p010462)
未来を背負う者

探索記録

 地図と火山の熱波を頼りに火山洞窟の入り口に辿り着いた劉・紫琳のチーム。
 まだ洞窟内部には入っていないというのに、火山よりの熱波は既に肌を焼くのではないかと言う程の気勢だ。
 また、周囲に全く人気はないが……火山洞穴の内部には僅かだが確かな気配が伝わってくる。
 どうやら情報通りに火山の熱気に耐えられるモンスターや精霊の類が住み着いているらしい。
 これは中々に難しい冒険になるかもしれない……紫琳たちは意気込みを新たに地図を再度確認し、洞窟内部に突入するのだった。
 

 熱波が体力と気力を焼く……

 灼熱の火山洞穴内は予想以上に広大な空間を以て劉・紫琳のチームを出迎えた。
 まだ入り口を入ってそこまで経っていないのにこの熱さとは、一体深部はどれ程の熱気に包まれているのだろうか?
 だが、それは裏を返せばこの近辺でも灼熱に踊る炎の精霊の力が行き渡っている事の証左だ。


 灼熱の熱気に包まれながらも、とりあえずは入り口付近での採掘を終了した。
 既に並みの採掘施設で採れる鉱物よりも質の良い物を採掘出来ている気がするのは事実だろうか、それとも願望だろうか。
 だが当然、これだけの成果で満足できる筈もない。
 紫琳たちは更なる鉱石を求めて奥に進む……
 
 しかし、奥へ進もうとする劉・紫琳のチームの前に運悪くモンスターが立ちはだかった。
 不運な遭遇だが撃破しなければ前には進めない。さぁ戦闘だ!

戦闘に敗北してしまった。
体力の消耗が限界だ……これ以上の探索は危険だろう。

挑戦結果

 劉・紫琳のチームの面々の予想通りに、或いは予想以上に火山に生息しているモンスター達は強敵だった……
 命あっての物種だ。致し方ないが撤退しよう。
 準備が足りなかったのか、運が悪かったのか……
 ともあれ、最低限の成果を手に紫琳たちは帰還の途に着いた。
 次こそは満足行く量を採掘してみせると誓いながら。

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM