PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


御伽朔想モラトリエ

●はじまりのモラトリアム
 ギルド・ローレットのメンバージャガーノートはその日、サロンメンバーであるひとりの依頼者と出会ったのだった。
 依頼者は、17歳の少年。そして、彼の妹だという13歳の少女。
 少しぽっちゃりしていて、愛嬌のある顔立ち。名前は、兄が田辺秋音(たなべ・あきね)。妹が田辺つよし(たなべ・つよし)。
「あなたたちの絵を描かせてほしいんです。俺は油絵を」
 秋音少年はそう言って折り目正しく頭を下げた。妹のつよしは兄と微妙に距離を取り、「あたしは、てぇてぇ漫画描く」と頼み込む。
 絵はともかく、てぇてぇ漫画とは――、ジャガーノートは仲間たちとしばし視線を交差させ、考え込み――結局、依頼を受けたのだった。


●花屋のお兄さんは、心配です
 色とりどりの花が天に向かって花弁を開いて、のびのびと咲いている。
 一輪一輪がうつくしく、可憐で、大切だ。
 花屋のお兄さんは優しい瞳で花を愛で、ふと表情を曇らせる。
「彼、大丈夫かな」
 心配事があるのだ。
 それは、お兄さんの趣味活動に起因する。
 お兄さんが思い出すのは、サロンの風景。
 少年が過去を描いて――年配者、サロンの主が褒め称え。
 少年に催促する――もっと過去を描いてほしい、もっと見せてほしい。懐かしい景色を、ひとを。思い出を。
「こうではない。違うだろう? こんな景色ではなかっただろう」
「もっとリアルに描けるだろう。ああ、もったいない」
「顔を思い出したいのに、顔が曖昧ではないか」
 描くにつれ、徐々に不満が増えていく。

「俺、過去をもう描きたくないんです」
 ある時、少年がそう言って――、

「ああ、心配だな」
 うつくしい花に向かって、お兄さんは鬱々と呟いたのだった。


 シナリオ:透明空気

参加者一覧
ルウ・ジャガーノート(p3p000937)
暴風
夕顔(p3p010243)
罪鎖の使徒
志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業
ジョージ・キングマン(p3p007332)
絶海

探索記録

●再現ノスタルジィ
 再現性東京。
 主に地球、日本地域出身の旅人や、彼らに興味を抱く者たちが作り上げたその区画――古き良き昭和をモチーフとする『1970街』。昭和の町並みを進むと、『レトロ』をうたい文句にデザインされたノスタルジックな街道がある。絢爛明媚な薄紅桜がひらりはらりと舞う色を瓦斯灯のメロウな光が照らし染め、石畳の通りに立つ看板の文字は洒落た飾り文字を誇り、木造りの椅子並ぶ甘可愛いが売りの和ロリパーラーメイドさんの笑みの花咲くカフェーを通り過ぎ、煉瓦建築を横切って。辿り着くのは、虚木館(うつろぎ-かん)と呼ばれるプレーリーハウススタイルを思わせる館。ドラマチックな空間構成で知られるその館内に入れるのは、館主のお眼鏡にかなった若者のみ。招かれた若者はメンバー証を持ち、音楽、絵画、文学、なにかしらの才能があるのだという。
 それは、サロンーーSalon d’ patria。

 ギルド・ローレットのメンバージャガーノートはその日、サロンメンバーであるひとりの依頼者と出会ったのだった。
 依頼者は、17歳の少年。そして、彼の妹だという13歳の少女。
 少しぽっちゃりしていて、愛嬌のある顔立ち。名前は、兄が田辺秋音(たなべ・あきね)。妹が田辺つよし(たなべ・つよし)。
「あなたたちの絵を描かせてほしいんです。俺は油絵を」
 秋音少年はそう言って折り目正しく頭を下げた。妹のつよしは兄と微妙に距離を取り、「あたしは、てぇてぇ漫画描く」と頼み込む。
 絵はともかく、てぇてぇ漫画とは――、ジャガーノートは仲間たちとしばし視線を交差させ、考え込み――結局、依頼を受けたのだった。

●モデルさんのお仕事
 『幻櫻旅寓カフェー』。そんな看板を冠する店の中。黄土色の木の腰壁を設けた白壁には、朱色で舞妓さんと桜の絵が描かれている。蓄音機が奏でる途切れ途切れの歌謠曲があたたかなメロディで店内をゆったりと浸している。

 陶器のカップ&ソーサーは、インディゴ生地めいたコバルトブルーと白の精緻な花柄模様。内側に湛えるのは香り高い紅茶の煌めき。アッサムを使用したロバストでモルティーなリーフ・ブレックファスト・ティー。
 桜千鳥の和三盆糖シュガーマドラーを添えられて。
「珈琲もお抹茶もございます」
 店主が笑い皺湛える目元を笑ませ、親類筋の娘だという女給が料理を運ぶ。

「今度、サロンで新作発表会があるんですよ」
 秋音少年の声は控えめで、店内の空気に染み込んでいくようだった。
「俺は、サロンの落ちこぼれなんです」
 秋音少年はそう言い、ジャガーノートたちに笑いかけた。
「最初は、才能があると言われました。でも、枚数を重ねるにつれて思ってたより伸びないっていうか。メッキが剥がれたっていうんですか」
 スケッチブック片手に、手は『ルウ・ジャガーノートのチーム 』のメンバーの醸し出す世界観を捉えた速写画を描いている。
「まわりの人たちもそう言いますし、自分でも才能がないなって思うんですよ――こんな僕に描かれるのって、なんか嫌です? あはは、すみません……」
「兄ちゃんは賞を取ったこともある」
 むすっとした顔でつよしが呟く。
「あたしは、趣味で漫画描くだけ。でも、お金はちゃんと払うよ」

 瓶詰め京飴、郷愁誘う素朴なあんころもちにみたらし団子、どら焼き、あんみつ、白玉くりぃむ乗せぜんざい、紅い金魚が泳ぐ水色羊羹、蕩けるバターのあったかワッフル、チョコパフェ、フルーツタルト、フォトジェニックなパステル・カラフル・トゥンカロン。
 サンドイッチにオムライス、イカ墨パスタにカレースウプ、エビフライ、旬野菜のサラダバー……、
 テーブルの上に、兄妹と『ルウ・ジャガーノートのチーム』が注文した料理が届く。

「あたしの推しスイーツ」
 つよしがトゥンカロンをジャガーノートに差し出した。
「これも美味しいですよ」
 秋音少年はおっとり微笑み、青じそドレッシングに艶めく旬野菜のサラダを示した。
「特にこのキャベツ。胃にも優しくて」

 扉が蝶番の小さな軋みをあげて、カランカランと来店を報せる鐘が鳴る。
「いらっしゃいませー!」
 次々と新しい客が来店する。


●ただいま、お仕事中
 つよしがスケッチブックを手に目を爛々とさせた。
「てぇてぇとこ描きたいから、『ルウ・ジャガーノートのチーム』のみんなでなんかそういうのをやって」
 兄が困り顔で説明してくれる。
「すみません。こいつの言う「てぇてぇ」は「関係性尊い」の意味で、仲良いところを見せてほしいみたいです」
 ジャガーノートはカップを口に運び、考えた。そして、仲間を見た。
「そのケーキをあーんってするとこ見たいぃ」
 つよしが焦れてオーダーし始めた。これも仕事だ。ルウ・ジャガーノートのチーム はオーダーの通りに動き始めた。
「あーん」
 ショートケーキをさくりとフォークでひとかけら掬い取り、仲間に差し出す。
「いただきます」
 笑顔でぱくり。お返しに、とサンドイッチを差し出され。
 ――これが「てぇてぇ」になるだろうか?

 見れば、つよしは熱心に頷き、手を動かしている。この方向性で良いらしい。秋音もまたそんなジャガーノートを紙に記録しようと鉛筆を動かしている。
「ほっぺについたクリームを指で拭ってぺろってするのおね」
 しゃかしゃかとつよしの手が動き、こんこんと湧き出る妄想をオーダーする。
「ジャガーノートさんとそこのあなたでお膝抱っこ」
「王様ゲームみたいなノリに……」
 思わずつぶやくジャガーノート 。
「つよし、あまりはしゃぎすぎてはいけないよ。すみません、こいつが」
 謝りつつ秋音も手を止めない。この撮影タイムは1時間ほどで終わり、兄妹は食事代を負担してくれた。

「今日はこの後、もう1箇所付き合ってほしいんです」
 秋音は何度も頭を下げて懇願する。この上さらになにを求められるのか……。

 彼らが歩く道は人通りが多い。人々の視界に兄妹とルウ・ジャガーノートのチームが一瞬映る。特に気になるような事がなにもなければ、そのまま通り過ぎて、数秒後には忘れてしまうことだろう。

●運命の分かれ道
(あそこにいるのは、田辺君と……)
 目を眇める。
 田辺君は、サロンの中でも最近微妙な立場の子だ。平たく言うと、「いじめられている」――たつきは、そう思っている。
(一緒にいる人たちは、不思議なオーラみたいなものをもってるようだ。カリスマ性というか……)
 ――雑踏の中で、不思議と目を惹かれて。
 Salon d’ patriaの一員、22歳の上村たつき(かみむら・たつき)は夜光電灯に引き寄せられる羽虫のように彼らに近づいた。
 同じサロンメンバーの田辺君と彼の妹もいたけれど、それを差し引いても同行のジャガーノート が気になって仕方なかったのだ。
 近づくと、田辺兄妹がたつきに気づき、兄秋音は会釈をし、妹つよしは威嚇するような目で睨んでくる。


●良き出会い
 「やあ、田辺君。そちらの方はどなただい? 随分、華があるというか。魅力的な人だなあ。僕にも紹介してくれないだろうか?」
 たつきが問えば、つよしはスルーしていたが秋音は丁寧に事情を打ち明けてくれた。次のサロンで発表する作品を作っている、妹も趣味で微笑ましい仲良し漫画を描こうとしてるようだ、と。
「なるほど、魅力的な方々だものね。わかるよ」
 続いて、秋音はジャガーノートたちにたつきを紹介してくれた。
「ジャガーノートさん、この人は俺と同じサロンの上村たつきさんです。小説を書かれるのですよ」
 たつきは頷き、ジャガーノートたちに笑顔で挨拶をした。
「初めまして。僕は小説を書くと紹介してもらったけれど、花屋でバイト店員をしている時間の方が長いんだ。だから、お花屋さん時折小説家、と覚えてくれると嬉しいな」

●よくある一つのフラグなるもの
 たつきは自分がバイトする花屋の場所を教えてくれた。
「今度、花を見に来てほしいな。季節の花をジャガーノートさんにプレゼントしたいんだ」
 良き出会いに感謝を。たつきは嬉しそうに言って、彼らと別れたのだった。


●ただいま、お仕事中(2)
 やがて辿り着いたのは、貸衣装屋だった。
「到着しました、ここです」
「わーい」
 田辺兄妹がワクワクとした面持ちで『ルウ・ジャガーノートのチーム』に衣装を選んで渡してくる。ハロウィンかコスプレ大会か――そんなバリエーション豊富な衣装の数々。
「これも、その、お仕事なので」
「おねがいしま!」
 ジャガーノートは仲間の顔色を窺いつつ、動物の着ぐるみを着たりアリスモチーフのコスチュームに身を包んだり、フォーマルスーツやドレス、メイド服にチャイナ服、民族衣装にプラグスーツ、和着物と幅広い衣装を着こなした。

「これで、どんな作品が生まれるんでしょう」
「見たかった」
「すみません」
 会話しつつも衣装替えは進み、兄妹はジャガーノート の姿を目に焼き付けつつ、紙にもやっぱり姿絵を描いて記録するのであった。


 そして、数日の時が流れ――、


●秋音のアトリエ
 ――さあさあと雨が降る日だった。

「いつも、すみません」
 あたたかな室内で椅子に座ってポーズを取るジャガーノート。少し離れたところで懸命に筆を動かしているのは、秋音だ。シャツ&デニムパンツルックの上から絵具汚れが目立つエプロンを着用し、朱利桜のパレットを手に、銀のスチール油壺からオイルを足してペインティングナイフで色を練る顔は楽しげで、F4号の張キャンバスの色の山に色足した筆を洗浄液でぐるり遊ばせ、時計の針に視線をちらり。
「ああ、そろそろ休憩しましょう」
 秋音は初日よりだいぶジャガーノート に打ち解けた微笑みを浮かべ、アトリエのカーテンを揺らして外を見た。
「あしたは、つよしと遊園地でしたか」
 ジャガーノートは傍に置かれた珈琲カップを指先で弄りながらこくりと首を縦にした。
「あいつ、本当は――漫画とかより、ジャガーノートさんたちと遊びたいんだと思います。寂しいのでしょう」
 ジャガーノートの目を真っすぐに見て、兄の眼をした秋音が真摯に言の葉を紡ぐ。選びに選んだであろう言い回しは、曖昧という名の薄透明な衣で寂しさとどうしようもない無力感を包み、モラトリアムの終着分岐路を探るようだった。
「俺たちは、親と離れてしまいました。きっと、もう会えないと思うんです」
 その胸には、多くの記憶があると言う。秋音は壁に並ぶイーゼルの上と下とに置かれた複数の絵を見せた。そこには、記憶の風景や人々が描かれているのだ。
「目に見えないもの。耳で聞き取れないおと。触れることもできないなにか」
 黒い玻璃のような目が絵から逸らされる。
「朔の迷子のようです。どこかに月を夢見ていて、醒めた後時間と共に移ろい消ゆ月光の残滓を搔き集めて、俺たちは自分の朔を描くのかもしれません」
 そして、哂った。
「俺は、いつか気づいたんです。自分が描いているものに。そして、恥ずかしくなってしまいました。俺は――過去ばかりに没頭して、恋しがってばかりで、迷子の幼子みたいで、駄々っ子みたいで、ああ俺格好悪い――そう思ってしまいました」
 絵に布をかぶせて過去を秘め、秋音はジャガーノートの絵を見せた。

「まだ、途中ですけど。これは、俺の新しい一枚なんです」


●つよしと
 今日は、つよしと遊園地に来ている。

「ジェットコースター楽しかったね」
 つないだ手をゆらり、揺らして。
「あんまり手を繋いでると、繋げなくなった時が哀しいから」
 つよしは呟きながら手を放し、ツアーガイドめいた目でジャガーノートを誘う。
 しゅわっと気泡を立てるドリンクを買って、チュロスを手に乗り込むのは観覧車。ゆったり高く昇りながら語り合うお化け屋敷の思い出。そして、一番高く昇った時つよしはそっと窓から目を逸らした。
 
「兄ちゃんの絵、いい感じ?」
 ジャガーノート はもちろん、と返事した。
「ふうん。ま、よかった」
 金出してるしね。そう呟き、つよしは耳を赤くして唇を尖らせた。
「モデルがいいんだから、いい絵になるに決まってるんだけどね。ジャガーノートさんだもん」
 そして、窓の外を見ようとした時――、

 ガタン。
 突然、観覧車が停止した。
「「キャアアアアッ!!」」
 外から悲鳴が聞こえてくる。


●激戦の果て
「こんな街、現実逃避だ。偽物だ」
 叫ぶ黒服。その声は人々のこころを傷つけ、遊園地を楽しんでいた明るい表情を曇らせた。
 人々は未だ混乱し、怯え、傷ついた顔だが――ジャガーノートの手が一歩及ばず。
「ふん。邪魔が入ったことだし、今日はここまでにしといてやる!」
 けれど、介入により状況は変わった。
 黒服は強者の介入により一時撤退を決めたようだった。

「ジャガーノートさん!!」
 つよしがジャガーノートに抱き着き、泣きながらジャガーノートの心配をしている。

 遠くにサイレンの音が聞こえる。遊園地と――他にも?
 空を見れば、黒い煙が上がっていた。

●火
 数時間後、ジャガーノートは知ったのだった――秋音のアトリエが火事に遭ったことを。

挑戦結果

●兄妹のエンディング
 何も、なくなった。
 秋音は焼け跡を漁り、黒炭の燃え滓に目を細める。
「にいちゃ、兄ちゃん……兄ちゃんの、絵が」
 思い出が。
 戻れない故郷が。
 大切なひとたちが。
 もう、会えないのに。もどれないのに。

 泣きじゃくる妹の体温が温かい。
 秋音はやさしくその背を撫で、頭を撫でてハンカチで頬を拭った。目を覗き込むようにすれば、ちいさな頃に戻ったみたいに全力で抱き着いてくる。
「おまえがいるじゃないか」
 兄は、微笑んだ。
「本当は、こういう時。本当に絵を愛している画生は、人生が終わったみたいに悲しむんだろうな。故郷や大切な人たちを愛する愛情深い人間は、慟哭して寝込んで、塞ぎこんで――けれど俺は今、それほど辛くないんだ、つよし」
 妹がしゃくりあげている。
 優しい娘だ。兄はそう思った。そう思うと、いとおしくて仕方ないのだ。
「つよし、俺は実のところ、それほど芸術に必死ではなかったんだと思うんだよ。過去を想うのも――悲しいし、寂しいし、恋しいけれど」
 傷がある。
 そう思った。
 心の中に、じくじくと血を流し続ける痛みがある。
 なのに、兄にはそれが大したことにはもう、思えないのだ。
 どちらかと言えば、この腕の内で泣き止まぬ妹の痛みこそが大事件に思えてならぬのだ。
「もし、おまえに何かあったら、俺は絵が無事であったとしても自殺したいほどにショックを受け、嘆き悲しんだだろう。犯人を決して許さないと思っただろう」

 秋音は穏やかな瞳であなたを見て、申し訳なさそうに微笑んだ。
「ありがとうございました。……あなたの絵は、申し訳ないことに――せっかくモデルにご協力願い、長い時間付き合ってくださったのに――燃えてしまいましたが。妹を守ってくださったのが、本当に。なんとお礼をしたものか――」

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM