PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


山梔子館の秘密

 生真面目なイレギュラーズであれば、冒険者ギルド『ローレット』の依頼書が並ぶ掲示板へ足繁く通うだろう。さてドラマ・ゲツクの場合はどうか。
 ともあれ、集まった一行は飲み物を前に卓を囲み、幻想にある小さな町『アーテル』からの依頼書について、情報屋から話を聞いていた。

 なんでも町近くの森に、かつて魔法使いが住んでいたという館があるのだという。
 名は大層にも山梔子館と呼ばれている。いま無人の廃墟だという話だ。
 依頼内容自体は、この森の館を調査し、危険があれば排除してほしいというものらしい。

 なぜそんな依頼が必要になったのか。
 まず特筆すべき情報として、町では最近、三名の住人が行方不明になっているそうだ。
 初めの一人は薬草売りの男。
 お次の一人は狩人の男。
 最後の一人は真相を確かめると意気込んで、館に向かった若者。
 この三名の消息が知れない。
 地元の衛視が調査中だというが、未だ真相は分からない。
 なんらかの事故か、あるいは近隣に出没した魔物の仕業か何かという線で調査を進めているようだ。

 そちらの話は一端脇へ置いて、本題の続きといこう。
 最後の一名は明確に館へ向かっており、町ではこれはいよいよ本物だという話になった。
 町の人々は、おそらく館に悪い物が住み着き、三人は犠牲になったのではないかと考えているようだ。
 もしも生きていれば、そして発見出来たならば救出すべきだが、そんな話であるならば残念ながら望みは薄いだろう。それに本件と、本当に関連があるかどうかはまだ分からない。

 さて、踏み込むことになるのは仮にも魔法使いの館である。
 情報屋の言う通り、なんらかの準備をしておいたほうが良いだろう。
 たとえば罠があれば対処出来るような。
 それと、他にも頼ることの出来るものがあるかもしれない。
 捜索を確実にするなら、たとえば嗅覚だとか。いやなんとなくそう思っただけなのだが。それとも、さすがに考えすぎだろうか。

 ともあれ、あらかたの情報を聞いた一行は、アーテルの町へと向かったのである。

参加者一覧
ドラマ・ゲツク(p3p000172)
蒼剣の弟子
囲 飛呂(p3p010030)
君のもとに
緋翠 アルク(p3p009647)
知識が使えない元錬金術師
浜地・庸介(p3p008438)
凡骨にして凡庸

探索記録

 町に到着した一行は、町長からもう一度、事件についての説明を受けた。
 そして館までの案内役は一人の老人が買って出てくれた。
「へっへっへ。ワシはドゲスと申します」
 背の低い老人で、どこか卑屈そうな笑みを浮かべている。
 あまり人好きのするタイプではないが、ずいぶんおしゃべりだ。

 道中、森の中でもずいぶんと賑やかだった。
「館には霊が出るという噂もありましてな」
 廃墟に亡霊というのは、おおかた壊れた屋根あたりを風が吹き抜け、なんだか可笑しな音を奏でるといった話に落ち着くのが相場である。
 とはいえ実害らしきが出ている以上は、実際に何か居るとみるのが妥当だろう。
 仮に賊のアジトであれば、町への影響はもう少し変わった形になるに違いない。
 ならば魔獣が人里近くに住み着いたとか、あるいは本当に霊――アンデッドモンスターという線もある。

「あの日はちょうど雨でした。それで狩人のジェムソンは、雨宿りでもしようと思ったんでしょうな」
 それにしても、やけに饒舌な老人だ。
 ずいぶん、見てきたように言うではないか。
 そもそも町の人が行方不明になっているというのに、おびえのようなものをまるで感じない。
 それに、『ジェムソン』だとか。名前も知る間柄であろうに、なんだか薄情ではないか。
 ただのほら吹き屋か、あるいは……

「見えましたぞ。あちらが例の館になります」
 一行の眼前に姿を見せたのは、薄汚れた屋敷であった。
 かつては山梔子の木も見事な、美しい館だったというが、今ではご覧の有り様だ。
 みすぼらしく蔦が絡まり、見るからにそれらしい。
「例の。霊だけに」
 下らないジョークは聞かなかったことにして、イレギュラーズは館の入り口を探した。

 古びた扉を開けると、そこは意外にも小綺麗な空間だった。
 人工的な明かり――魔法の光が灯った室内には、埃一つ落ちていない。
 振り返れば、朽ちたように見えていた扉も、ずいぶん綺麗なものだった。
「いやあ、綺麗なものですな」
 ついてきたのか、爺さん。
 とはいえ外で待たせるのも危険かもしれない。
 足手まといになってもらっては厄介だが。ひとまず後ろをついてくるように促した。

 しかしなるほど、魔法使いの館らしい。
 警護用の怪物が動き出したではないか。
 危険物の排除も依頼内容の内だった。ひとまず片付けるとしよう。

挑戦結果

 だめだ。思ったよりも手強い相手ではないか。
 冒険もなにも、さすがに命あっての物種だ。
 ここは引き返し、態勢を整え直すしかないだろう。
 イレギュラーズは無念の思いを感じながらも撤退し、館を後にした。

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM