PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


久遠なる森

 ――通ってはならぬ道がある。

 カムイグラの一地域にはそのような話が存在する。
 曰く誰も帰ってこぬ。曰く魂を捕らえる冥府に続いている、と……
 それが迷信か、あるいは何らかの真実を帯びているのか――は知らぬが。
「息子が……息子があの道に行ってしまったんです!!」
 少なくともその地域に住む者にとっては須らく『身近』であるには違いない。
 ――神使と呼ばれるイレギュラーズに依頼が入ったのだ。件の『通ってはならぬ道』に迷い込んでしまった者がいる、と……住民は恐れてその道を通りたがらぬ。故に助けを求めるならば外部に――だ。
「神の使い以外があの道を行くと……二度と帰ってこぬのです……」
「一体何があるのかオラたちは知りませんが、どうか……」
 ……さて。そう懇願されてしまっては仕方ない。
 まぁそうでなくてもローレットは何でも屋だ――依頼であるならば引き受けよう。
 目を向ける。
 そこに在るのは深い森だ。
 時刻は夕暮れ時を超えて日が沈もうとしている時間帯。

 ――さて何が出てくることか。

参加者一覧
ミヅハ・ソレイユ(p3p008648)
天下無双の狩人
耀 澄恋(p3p009412)
六道の底からあなたを想う
グレイシャル(p3p009031)
最弱
チェレンチィ(p3p008318)
暗殺流儀

探索記録

 辺りは静まり返っている――
 如何に日が暮れようとしている時間とは言え、不気味なる森だ。
 多少は動物の気配などしていいものを……さて。


 森の中を歩む。
 流石、誰も近寄らぬだけあってか人の道などない……

 なんらか冒険の知識か、自然に対する造詣があればスムーズに進めそうなのだが。さて、時間が掛かってしまえばなんらか魔物の類が出てこないとも限らない。どうなる事か……

 しかし冒険の心得があればこんな道など慣れたものである。
 進みやすい道を的確に見つけ、奥へ奥へと進んでいこう。


 軽快に歩を進める。と言っても油断している訳ではないが。
 やはり技能のあるなしで、ここまで速度が違うものか。
 今の所魔物の類に出くわす事もなく――順調だ。
 ……しかしやはり魔物が襲ってきたことはともかく、それ以外ではあまりにも静かだ。
 何か原因があるとは思うが――

 しかし今はまず原因の究明よりも依頼だ。

 依頼を成す為に、魔物の襲撃は警戒しておかねばならない。
 ――暗闇を見通す眼をもってして周囲の警戒にあたろう。
 これで万が一襲われても対応しやすい筈だから……


 ここまで一切の敵に合うことなく歩を進めてきた。
 恐らく最善の道を進めている事だろう――

挑戦結果

 くっ――存外に、魔物が強い!
 一度退き態勢を立て直すとしようか!
 貴方は一度森の外へと退いていく。

 漆黒と静寂に染まる森は――外界の誰をも拒絶するかのような気配を秘めていた。

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM