PandoraPartyProject

お知らせ一覧

2021年02月01日

 本日、ボイスアクター(以下VA)の登録を行い、クリエイターページ一覧の実装を行いました。  クリエイターページ(VA)ではバナーの設置、雑記の更新、サンプルボイスのアップロードが可能です。  商品リストは存在しますが2/1現時点において使用は不可能です。  発注受注納品機能の実装は二月中旬頃を予定しております。  又、ボイスのゲーム内使用機能は納品実装後、順次実装して参ります。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月30日

 本日、以下のUI調整を実施しました。 ・5回以上MVPを獲得したキャラクターの獲得MVP一覧に、何回目のMVPかを表示する調整 ・それがログイン中キャラクターの場合、5回目、15回目、30回目に特别報奨受領所へのリンクを追加  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月29日

 公認設定機能につきまして「シナリオ」「ショートストーリー」「特設ページ(PPP内のpage/以降のURL)」とリンクさせる機能を実装しました。  申請時、もしくは公認設定の内容編集を行う事によって設定可能です。  以上、宜しくお願いいたします。 [more]

2021年01月28日

 イラスト商品規格追加変更のお知らせ ・各種ピンナップにて、PCの代わりに関係者、及び境界案内人の描写が可能となりました。  ※関係者や境界案内人にしたい場合は、リクエスト文に明記下さい。 ・複数人ピンナップに、オプションとして『関係者追加オプション』が設けられました。  イラストレーターが設定を有効にしている場合、複数ピンナップにて関係者、及び境界案内人の描写を追加を依頼することが出来るようになりました。  RC均等割の場合、追加関係者がどのPCに帰属しているかにかかわらず、PC人数の均等割となります。 ・スクエアスタンプについて商品規格の記載を追記致しました。  スクエアスタンプとして関係者、及び境界案内人のアイコンイラストをリクエスト出来る旨を記載しました。  使用可能な場所については、従来のスクエアスタンプから変更ございません。  詳しくはマニュアル『アトリエルール』を参照下さい。  以上、よろしくお願い致します。[more]

2021年01月24日

 文通機能につきまして特定状況での終了時、RC返却機能が正常動作していなかった問題がありました為、修正を行いました。  影響範囲は六件でこの六件につきましては正常なRC値返却を終了しています。  お客様にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月23日

 イラストをシナリオやSSへ挿絵申請・公認設定への挿絵設定した際に、イラストの詳細ページに使用されている場所へのリンクが掲載される様になりました。  公認設定の挿絵情報に関しましてはイラストを設定していても「公開対象を限定」の場合、対象者以外は挿絵情報が閲覧できず「非公開」の場合は表示されません。  *SS同行者に指定した「境界案内人・関係者」イラストに、挿絵情報として該当SSへのリンクが追加されました(1/24追記)  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月22日

 新規実装した公認設定機能につきまして、公認設定の名称を編集する機能とイラストを挿絵として挿入する機能を実装しました。  イラスト区分は『おまけ』を除く全てを使用可能です。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月21日

 本日、『公認設定』機能が追加されました。  これは運営の審査(有料)を通してゲーム公認の設定を作成する事ができるものです。  「プロフィール」→「公認設定一覧」から新規に公認設定を申請できます。  詳細はマニュアル(https://rev1.reversion.jp/page/statussheet)をご覧ください。  以上、宜しくお願いいたします。 (※2021/01/22追記) ・公認設定に後から画像を設定する機能 ・公認設定を後からタイトルを変更する機能  を追加しました[more]

2021年01月16日

 本日、『文通』機能が追加されました。  これはNPCなどの特定のキャラクターと特別な手紙のやりとりができるコンテンツです。  詳細はマニュアル(https://rev1.reversion.jp/page/ssnm_manual)をご覧ください。  SSと同じようにゲームマスター(ノベルマスター)プロフィール最下部から発注を行います。  現在行っている文通の履歴は「メッセージを読む」→「文通」タブから確認可能です。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月16日

 表題の通り、本日タッグ戦を公式大会に追加しました。  エントリーが可能となっており、原則的に他ルールと同様です。  タッグ戦は実験的開催となりますので、三大会のエントリー動向を見て継続するかを決定する予定です。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月13日

 運営中シナリオ『【急募】脅迫、恐喝、威嚇、恫喝。あるいは捕り物が得意な方【殺人でも可】』(のらむGM)につきまして、茶零四SDによる代筆措置を実施します。  お客様にご迷惑をおかけして申し訳ございません。納品まで今暫くお待ちいただければと存じます。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月12日

 クラス『シュートバトラー』のエスプリ『戦闘幾何学式』の評価値が間違っている問題を修正しました。  ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月10日

 スキル効果に以下の調整を行いました。 ・EXAが一ターンの間に連続判定成功時のEXA減衰ペナルティを増加 ・スキル効果『連』が一度の行動で連続発生した時のFB上昇ペナルティを増加 ・CT回避が一ターンの間に複数回発生した場合のCT回避の減衰ペナルティを増加 ・『聖躰降臨』のようなHP付与効果が挙動的に回復スキルに代替する問題の修正(ブレイクされた場合に、上昇したHP数値が消滅します。付与が自然に切れた場合には消滅しません) ・スキル効果『恍惚』の次ダメージ二倍効果に揺らぎを与える調整 ・回復スキルのCT時の強化倍率を増加する修正。  詳細は以下のマニュアル『スキル用語』をご確認下さい。  https://rev1.reversion.jp/manual/skill ●本調整におけるCWレター  YAMIDEITEIです。本調整について私から説明とご報告を付記いたします。  本調整では主に行き過ぎて強力に『なり得る可能性がある』CT値とEXA値のルール調整、及び正しい挙動と考えるに難しかった『聖躰降臨』の修正、強力過ぎると思われる『恍惚』効果の是正を行っています。  まずCT値とEXA値ですが、現時点でこのステータスは希少価値が高い事もあり闘技場環境(システム戦闘ロジック)において圧倒的に強力過ぎるという事はなく適正な勝率の間に収まっていますが、今後環境が強化されるに従い『壊れる』事が確定的である為、装備やスキルによるリビルドの余地も考え調整に踏み切っています。(調整を行わない場合、スキルや装備による数値強化(上限値の強化)が大変難しくゲームの楽しみのかなりの部分を占めるビルドの変化が止まる可能性が極めて高かった為です)  本調整では『過剰に回転するEXA及びCT判定の抑制』が第一目標です。具体的には『1~3回連続攻撃や回避が続くような状況』にはあまり手を付けず、『4~6回、過剰に回転率が高まる場合』に強烈な負荷をかける累進性のある調整をしています。これは現時点においてはデザイナー視点において1~3回複数回行動が続く事は想定範囲であり、4~6回高い確率で行動回数が増える事は適正外と考えているからです。(手数が莫大に増えすぎると対戦相手からすると『何も出来ない』可能性が劇的に高まりゲーム的な健全性と対戦ログを見た時の『双方の楽しさ』について損なわれる事態を憂慮するものです)  スキル『聖躰降臨』については元々の想定挙動が『最大HPの上昇』ですが、一スキルで上昇したHP値分のHP付与を行わないとほとんど意味がないという問題があり、上限上昇と共にHPが向上する仕様でしたが、ブレイクされた場合、再度かける事で疑似的に回復スキルとして高性能に機能してしまうという問題がありました。そこで今後はブレイクされた場合、上昇して獲得したHPが消滅するという仕様に変更しました。元々上限上昇分のゲインを受けているので、ロストもやむなしという考え方です。(回復スキルではないのでトータル値は変わらない。但しブレイクされなかった場合はロストは生じない逃げ道は存在するものです)  スキル効果『恍惚』については確定の二倍付与が環境的に強すぎると判断したので揺らぎを与える調整をしています。非確定になる事で上振れる可能性を十分に与えると共に平均的な与ダメ値については抑制しています。  CT時の回復係数の上昇についてはCTヒーラーというビルドジャンルを新しく思案する為の試みです。ヒーラーにCTが不要であるという既存の概念に変化を与える(かは分かりませんが)項目の一つとして上方修正を行いました。  その他、スキル調整、BSやスキル効果の調整等は必要に応じて今後行われるスキルパッチの実装と併せて実施します。  調整でご迷惑をおかけするものと思いますが、ゲーム環境の健全維持の為、ご理解を賜りますよう宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月08日

 本日、レベルキャップを解放し、獲得経験値増加を行いました。 ・レベルキャップを45→46に上昇しました。 ・闘技場レベルアップ可能レベルを42→43に上昇しました。 ・基礎獲得経験値を1350→1400に上昇しました。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月06日

 1月7日よりイラスト季節商品「グラオ・クローネ2021」が開催されます。 (グラオ・クローネとは所謂バレンタインの事です)  詳しくは1月7日以降に解放予定の特設ページをご覧ください。[more]

2021年01月02日

 新年あけましておめでとうございます。  今月以降の新スキルパッチ実装等も視野に入れましてゲームバランスの調整を行う可能性がございますのでお知らせいたします。  調整予定の項目は以下です。 ・EXAが一ターンの間に連続判定成功時のEXA減衰ペナルティを増加 ・スキル効果『連』が一度の行動で連続発生した時のCT減衰ペナルティを増加 ・CT回避が一ターンの間に複数回発生した場合のCT回避の減衰ペナルティを増加 ・『聖躰降臨』のようなHP付与効果が挙動的に回復スキルに代替する問題の修正(ブレイク時付与分消滅等を検討) ・スキル効果『恍惚』の次ダメージ二倍効果に揺らぎを与える調整(現時点では+1d100+130%程度を想定。131~230%の調整) ・その他、BS及びスキル効果調整 ・その他、全般について環境コーディネイトに必要と思われる追加調整  全ての項目は行き過ぎている部分の調整は行いますが、それで『使えない・成り立たない』ような形にはなりません。  実施予定日は未定です。また調整内容に関しましても事前の告知なく変更になる場合がございます。  旧年中はご愛顧を賜りましてありがとうございました。本年もより良い環境を作ってまいりますので宜しくお願いいたします。  以上、ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願いいたします。[more]

2021年01月02日

 本日までに『アカウントを新規登録してアイテムを特定のアカウントに集める行為』を運営側で確認しております。『新年記念! 開運薔薇市』や『テレジア罪市』による、購入回数制限のある闇市アイテムが特定のキャラクターに対して集中して送付されていた形です。  運営側で調査しました所、これは『送付と受取が同一人物であるアカウント』が数件。また『送付と受取が同一人物である可能性が高いアカウント』が数件ある事が確認されました。  本件は本作利用規約『 第12条(禁止事項)』の数項(1、9、29等)に抵触する行為となります。  以上の理由により該当のアカウントには凍結処理を行いました。  本件は以前(https://rev1.reversion.jp/information/view/194)にも同様の事態が在り、警告されていた行為です。  運営は上記数値を把握しております。上記に類する行為を今後一切行わないようご注意下さい。[more]

2020年12月26日

 本日、以下の機能を追加実装しました。 ・個別チャットにじゃんけんを行う機能、ダイスを振る機能を実装しました。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2020年12月25日

 本日、アルバムの表示順・アルバムに登録されているイラストの表示順並び替え機能が実装されました。  それぞれ『アルバム一覧の下部』『アルバム内の下部』にて並び替えの機能が利用可能です。  以上、宜しくお願いいたします。[more]

2020年12月24日

 本日、個別チャット(貸し部屋)に以下の機能を実装しました。 ・任意の部屋のブックマーク機能 ・部屋の説明機能の追加(編集可能なのでルールやシチュエーションを提示できます) ・Tweetボタンの追加(Twitterに投稿されます)  以上、宜しくお願いいたします。[more]

PAGETOPPAGEBOTTOM