PandoraPartyProject

イラスト詳細

リノ・ガルシアの白兎赤鳥による3人ピンナップクリスマス2018(横)

作者 白兎赤鳥
人物 リノ・ガルシア
ラダ・ジグリ
Remora=Lockhart
イラスト種別 3人ピンナップクリスマス2018(横) (サイズアップ)

1 

イラストSS

 窓の外はしんしんと降り積もるスノー・ホワイトの雪。
 室内はすっかりシャイネン・ナハトの装いになっていた。
 天井から吊り下げられたレースの飾りには、星砂を散りばめて、ロマンチックな演出を用意。
 オレンジ色の温かい光を灯すのは、星を象った魔法のランプ。
 壁にはアティック・ローズとアイビー・グリーンの布が張り巡らされ。
 いよいよ星降る夜の装いに花開く。

「サンタって貴族の慈善事業みたいなものなのかしらね?」
 クッションにしなだれ掛かり、赤いワインを揺らすリノが黄金の瞳を流した。
 イングリッシュ・アイビーの色をあしらって作られた彼女の衣装は、所謂サンタ服とよばれるもの。
 片側に掛けた帽子とオフショルダーのドレス。そこから惜しげもなくさらされる美しい肌は妖艶だった。
 彼女の隣にいるのは惑いの花酒亭に集う飲み仲間。ラダとレモラ。
 この世界に元から居る純種の三人にとって、異世界のクリスマスという文化に正しい知識は無い。さりとて、市場でこういうものが沢山売っていたのならば。そういうものだと受け入れ楽しむのが一番良いのだろう。要は雰囲気を楽しんだものが勝者ということだ。

「なるほど、この腹は怠惰と飽食で出来上がっていると」
 言葉を発したラダにリノの視線が動く。
 普段は馬の足をしているのだが、今日は人間型に収まっているらしい。
 ワインレッドの冒険者風ボーイッシュサンタ衣装がよく似合っている。
 黄みがかった白いクセ毛を揺らして。ケーキに挿してあるサンタをひとつまみ。
 冗談とも本気ともつかない声色にリノは口の端を上げた。

「そして、それを掻っ攫わんとする輩もいると」
 レモラはウィンター・ブルーのミニスカートのサンタ服を身にまとい。
 虎視眈々とターキーを狙う黒猫を片手で押さえつけた。
 もう片方の手には美味しそうなタレの着いたターキーレッグを攫って。
 金目の猫が恨めしそうにレモラの肉に手を伸ばす。

 今日はシャイネン・ナハト。星降る夜のお祭り。
 子供がプレゼントに目を輝かせ、恋人たちが愛を語らう。そんなイベントに。
 されど、ゆったりと。いつもの調子で三人と一匹の時間は過ぎていく――

 ※担当GM『もみじ』

PAGETOPPAGEBOTTOM