PandoraPartyProject

クエスト

現在RC:0

  • Silence And Distance
    現在報酬:基礎EXP18%、最新闇市アイテム×1


 フォン・ルーベルグ。
 言わずと知れた天義の首都である。
 清く正しく美しく――多くの場では埃を被ったスローガンを胸に抱いて暮らす人々も皆、清貧を尊び品行方正で知られている。

 そんな白亜の都で、今まことしやかにささやかれる噂があった。
 一つ。死者が黄泉返り、愛しい者の所へ戻ってくるというもの。
 もう一つは天義を侵す魔種の影があり、聖騎士団とローレットが対処しているというものだ。

 人の思考とは単純な事があり、一貫性のない事象も結びつけてしまうといった所があるのだろう。
 誰も声には出さない。
 けれど二つの噂は人々の中で結びつけられつつある。
 ローレットが魔種と戦っているのではないのか。

 聖職者達は口を閉ざしている。
 人々は訪ねようにも訪ねられない。しかしそんな空気がにわかに広がっているのだ。
 国を疑うこと。神を疑うこと。聖職者を疑うこと。
 フォン・ルーベルグの市民たれば、斯様なこと等あってはならぬ。
 懺悔室に籠もり、司祭へ罪の許しを請う者も居た。

 そんな折のことである。


「よっイレギュラー。浮かない顔でどうしたね」
 そんな風に見えたろうか。
 藪から棒に話しかけてきたのは、ローレットのギルドマスターレオンであった。
 ともかくあなたは話の続きを促した。どうせ用事があっての事だろう。

「ネメシス中央政府筋からのご依頼でね」
 レオンが言うには、天義の首都フォン・ルーベルグで魔物の姿が散見されるようになったらしい。
 かなりの件数らしく、聖騎士団も兵士達も手一杯。退治を手伝って欲しいということだ。
 常夜の事件が終わったばかり。件の月光人形事件が解決していないというのに、難儀にも程があるだろう。

 しかしどうもこの依頼。裏があるようだ。
 情報屋の調査によると、今の天義は指揮系統が大いに混乱しているようだ。
 なんでも『魔物と交戦した兵士が逮捕された』という話がある。

 それはつまり――
「そりゃ勿論。例の枢機卿と執政官が関与してんじゃないかね」
 イレギュラーズは月光人形事件を追う中で、一連の裏に王宮執政官エルベルト・アブレウ、並びにアストリア枢機卿が居るという確証を得ている。
 そしてこれも確信として、アストリア枢機卿は『魔種』なのだ。
 更には今だ正体の掴めぬ『占い師』の話――
 だからといって天義国内がイレギュラーズからの報告を鵜呑みにし、二人を直ちに断罪するということはしていない。
 また、同時に独自の武力やコネクションを有する相手であるが故に、睨み合いを余儀なくされている側面もある。
 相手はそれほどの大物なのである。

 この件に関してローレットへは厄介な四つの依頼が飛び込んできていた。
 どれもこれもイレギュラーズにリスクのある危険な調査の仕事だった。
 さておき。
 イレギュラーはこの仕事をどうするか決めなければならない。

 思案が僅かな逡巡に見えでもしたのだろうか、レオンは笑ってのける。
「まぁ法王サマと聖騎士団長。つまりネメシスの中央が、今回オマエラの味方って訳だ」
 そもそもローレットのギルド条約とて伊達ではない。
 正式な依頼を受けたローレットの人員を逮捕拘禁など、本来は筋が通らないという訳だ。

「指名手配なんざ有名無実。皆でされちまえばいいのさ」
 無茶を言うものだが。

 後は具体的な作戦だ。
 今回イレギュラーズは一名から四名程度で行動することになる。
 とはいえ一人では厳しい作戦ではあるらしい。
 同行する仲間は友人か。これから街角やギルド、あるいは個人の伝手で募るのがいいだろう。

 とにもかくにも魔種絡みの事件となれば対抗はイレギュラーズの本業である。
 ならばやるしかないのか。


「ひ、ひぃッ、バ、バケモノだ!」
 現場に到着するや否や、一人の市民が怪物を見て腰を抜かしていた。
 幸いまだ襲われては居ない。
 イレギュラーが得物を構えた、その時。

「貴様! 聖獣様に何をしている!!」
 こんな時に。厄介な奴が現れた。

クエスト詳細

 魔物や天義聖銃士と戦う羽目になります。

・敵
『天義聖銃士』
 細剣と銃で攻撃してきます。

『グリード・インプ』
 天義聖銃士は『聖獣』と言い張っています。どうみてもモンスター。

 ※このクエストはストーリー展開の結果によって終了します。
  またデータはクエスト用であるためシナリオとはステータスが一致しません。
  あらかじめご承知置き下さい。

 ※ストーリーに関係するクエストであるため1LVから遊べます。
  敵は厳しいため、イレギュラーズの仲間を同行者として自由に指定しましょう。
  また街角やギルドで腕自慢を募ったり、個人の伝手を使うのも良いでしょう。

●備考
 本クエストは展開に特別な影響を与える『重要クエスト』です。
 開催期間は6/20頃までを予定しています。
 本クエストがクリアされた回数に応じて『天義決戦シナリオ』に有利が生じる可能性が生じます。

●注意!!!
 このクエストをクリアした場合、天義の王宮執政官エルベルト・アブレウ、並びにアストリア枢機卿から『要注意人物としてマーク』される危険があります。

 ※同行者は「要注意人物としてマーク」されませんのでご安心下さい。

 担当GM『pipi

同行者(最大3人)

同行者は、経験値・報酬・称号等は入手出来ません。また、同行された通知も行なわれません。

対戦相手

天義聖銃士
聖獣
聖獣
聖獣

全体の成績

総挑戦回数2643回
勝利2509回 敗北134回 引き分け0回

PAGETOP